2010年 01月 27日
LC4 メンテナンス シリンダヘッド外し
シリンダーヘッドを外すにはカムシャフトを外して行います。
外す手順はカムシャフト交換のページを見てください。

e0087256_1165670.jpg

シリンダーヘッドを外す前に周りについているエキゾースト、サーモスタット、キャブレターを外します。
キャブレターはインシュレーターのバンドを緩めるだけで大丈夫です。
エキゾーストは前のフランジを取るにはエンジン右を後方に抜けるセンターパイプも動かす必要があるので、
サイレンサーから取り外します。
その後写真のエキゾーストフランジのヘックスボルトを緩めヘッドとの接続を解除します。

e0087256_1232692.jpg

エキゾーストフランジは写真のようにヘッド側にパイプが入り込んだ形状になっています。

e0087256_125102.jpg

シリンダーヘッドにつながっている部品が無くなったらヘッドを抜く準備に入ります。
カムチェーンとスプロケットを後で元のコマ位置に戻せるようにマークを付けます。
スプロケにはクランクとカム位置合わせのマークがあるのでマークの所の歯が噛んでいたコマに針金を巻いておきます。
マークは針金でなくてもペイントでも何でもいいです。

ちなみにクランクとカムシャフトの組み付け角度はチェーンの車体前方側を張ったときに
・カムスプロケのマークが水平から見てシリンダヘッドの上面&スプロケマークは車体前方側(上の写真、スプロケのマークはチェーンに隠れています)
・ジェネレーターのマークがクランクケースの段差(下の写真)
のようです。多分。

e0087256_1322795.jpg

ジェネレーターのマークとクランクケースの段差(パーティングライン?)

e0087256_1382751.jpg

マーキングしたらスプロケを外し、カムチェーンが落ちないように針金などで吊り下げます。
私は左ラジエターのバルジに針金を巻きつけています。
カムチェーンを落とすと腰下を開けないと取れない事態になりかねないので扱いは慎重にやることをお勧めします。

e0087256_2141571.jpg

写真が粗くて見にくいですが、スプロケの山の部分に丸いマークがあります。
マーキングと言っていますが結局はクランクとカムシャフトは上に書いた位置関係であれば問題ないです。
が、組み付け時に合わせるのが面倒なのでマークをしています。

後はシリンダヘッドを固定しているボルトナットを緩めればヘッドが外せます。
ナットが2つ、ボルトが6本あります。

e0087256_145282.jpg

ナットはヘッド側から生えている前後2本のスタッドボルトに付いています。

e0087256_1464555.jpg

工具隙が少なく、開放スパナだと角を舐めやすいのでメガネレンチ必須です。
回転隙はあるため、普通のメガネであれば何でも問題はないと思います。

e0087256_151838.jpg

後はヘッド左の内六角2本と上面のボルト4本です。
上面ボルトは2面幅13mmですが、結構なトルクで締めてあるのでエクステンションがあると良いです。

e0087256_1535586.jpg

ボルトを外せばヘッドが上に取れますが、長い間外していないエンジンはスタッドボルトの錆&ヘッドガスケットの張り付きでなかなか取れないと思われます。
ゴムハンマーなどでショックを与えるとじわじわ取れていきます。

取り出す際には一旦カムチェーンの吊り下げを取り、ヘッドを取ります。
その際にもチェーンを落とさないように注意します。

写真はヘッドを取った後、比較用にM6内六角ボルトを置いてみました。
600ccのショート気味のストロークなので径が大きいです。
5万km近く走っているシリンダーですが、ホーニング加工の消耗も少なくまだ使えると思います。

e0087256_262725.jpg

外したヘッド、上から。

e0087256_27680.jpg

ヘッド、燃焼室側。
オイル下がりのためか大分煤が溜まっています。

e0087256_283585.jpg

ヘッドとヘッドガスケット。
ソフトガスケットです。これはヘッド修理から1万kmも走っていないのですんなり取れましたが、
数年外していないエンジンはガスケットが剥離してヘッドかシリンダーにこびり付きますので、スクレーパーは必須です。

次はバルブの取り外しです。
[PR]

by g2jing37 | 2010-01-27 02:15 | KTM メンテナンス | Comments(4)
Commented by sino at 2010-01-27 12:16 x
ここまでやるんですねー、いつもながらに凄い!
基本的には丈夫なエンジンなのでメンテナンスをしっかりやっていれば、いつまでも乗れそうですね。
Commented by Nikky at 2010-01-27 19:12 x
ご無沙汰してます。
Headのナットですが初期の頃はKTCのメガネは入りませんでした。
その為メガネの外周をサンダーで削って使いました。
Commented by g2jing37 at 2010-01-28 12:51
>sinoさん
ちょっと白煙を出してたので調査含めてばらしました。
修理パーツはまだ手配していないのでしばらくバラバラにしておく予定です。
ヘッド周りの部品を換えればまだまだいけますね。

>Nikkyさん
初期のってことは古い黒塗装のLC4とかですか?
このエンジン初代から大分経ってるので色々な所が変わってるんでしょうね。
Commented by Nikky at 2010-01-29 00:07 x
>ちょっと白煙を出してたので調査含めてばらしました
去年の春先のワダモタさんと同じ感じですかね?

初期のLC4は藍色で気持ち程度にフィンも付いてましたし、
Water Pumpの位置も違いますね。

現行品(LC4と呼べるかは知れませんが)は4代目ですかね?


<< LC4 メンテナンス ウォータ...      スリーホイーラーを作ってみる-... >>