2011年 05月 03日
ボルボ V70XC ATの修理-2
ついに大物、ATの中を攻略します。

e0087256_352762.jpg

外したAT、トルクコンバーターは引き抜くだけで外れます、鉄でできている部品だらけなので相当の重さです。

e0087256_3535018.jpg

トルクコンバーターです、こいつには今回は何もしません。

e0087256_3554193.jpg

まずミッション前面のオイルパンを外し、バルブボディから外します。
ソレノイドバルブやAT油温センサーにハーネスが行っているのでコネクタを外します。
バルブボディ外周めに配置してあるボルトでケースと締結されているので、外してボディを取り外します。

e0087256_3593196.jpg

外したハーネスです、行き先はATコントロールユニットです。

e0087256_414179.jpg

バルブボディを外すとミッション前側は何もなくなります。

e0087256_43435.jpg

バルブボディです、こちらはミッション外側からの写真。
ソレノイドバルブやスプールバルブアクチュエーターが見えます。

e0087256_46014.jpg

こちらがミッションとの取り付け面です。
ミッション行きの油路がいくつも見えます、ATはここに油圧をかけることで湿式クラッチの締結ピストンを動かし
遊星ギアの回るギアを切り替え変速します。
バルブボディの分解は後にして、まずはシャフトとクラッチASSYを外します。

e0087256_4111363.jpg

シャフトを抜くにはケースを全て割らなくてはいけません、まずはエンジン側ケースを取りました。
右側の軸の黒い鋳造の部品(おそらくオイルポンプASSY)のボルトを外し、手前に引き抜くと
裏のクラッチ&遊星ギアのASSYごと抜けます。

e0087256_4144636.jpg

外したエンジン側ケース。

e0087256_4161863.jpg

外したオイルポンプ&第1ギアASSY、この車はトルクコンバーターに直接駆動用のスプラインが切ってあるので
内側のクラッチASSYがスリップロックアップ用かもしれません。

e0087256_4212273.jpg

オイルポンプ&第1ギアASSYを外した後の写真です。
順番がわからなくならないように少しずつ写真を撮りながら進めています。

e0087256_4233172.jpg

ポンプ裏側にプラスチックのストレーナーが付いていました。

e0087256_4253765.jpg

第1ギアASSYの内側のクラッチを外します、サークリップを取るとドライブ、ドリブンプレートが取れます。
意外なことにATの分解には特殊工具はほとんど要りません。

e0087256_428112.jpg

クラッチの磨耗具合をチェックします、このプレートはフェーシングの剥がれが若干ありました。
しかし他のクラッチにはほとんど磨耗が見られません、この車の整備記録は途切れ途切れしかなく、
長い間抜けている場所もあったのでATの修理をしたのかもしれません、部品が磨耗していなく
15万km走ったクラッチとクラッチハブには見えません。

e0087256_4321339.jpg

クラッチハブです、プレートあたり面にあまり打刻ができていません。

e0087256_434090.jpg

第1ギアASSYのクラッチを全て外しました。

e0087256_4353626.jpg

次にミッション外側のケースを割って第2、第3ギアASSYを外します。
便宜上左側を第2、右を第3と名づけています。

e0087256_438977.jpg

外した外側ケース、ケース側に第3ギアASSYのクラッチが配置されています。

e0087256_441068.jpg

第2ギアASSYは上の写真手前に引っ張ると抜けます、このギアにインプットシャフトが直結されています。
同じように第3ギアASSYも手前に引き抜き、クラッチを取り外します。

e0087256_4441036.jpg

ほぼ全部のギアとクラッチを外しました、全体的にきれいなのでやはりどこかで交換された可能性が高いです。
しかしこっちに持ってくる際にひどい変速ショックがありました。
2003年までのV70のアイシンATはクラッチのフェーシングが磨耗して滑ると聞いていたので
てっきりクラッチが消耗していると思っていたら全く減っていませんでした。
原因はバルブボディや千切れていたエンジンマウントなど別にあるのかもしれません。
[PR]

by g2jing37 | 2011-05-03 04:48 | ボルボV70XC | Comments(0)


<< ボルボ V70XC ATの修理-3      ボルボ V70XC ATの修理-1 >>