2011年 09月 23日
ボルボ V70XC エンジンの修理
e0087256_0373249.jpg

ミッションは組みあがったのですが、エンジンの数箇所からオイル漏れを起こしているのでそっちも直します。

e0087256_0403080.jpg

オイル漏れの箇所は多岐に渡り
・クランクフロントシール
・クランクリアシール
・ヘッドカバー
・カムシャフトフロントシール(IN、EXH両方)
・カムシャフトリアシール(EXH)

シャフト部はほとんど全滅のようです。

e0087256_0445723.jpg

まずクランクフロントシールから交換します。
クランクプーリーの裏側なのでナットを緩めプーリーを取ります。
プーリーは圧入気味に入っているのでギアプーラーで引き抜きました。
タイミングベルトも外さないといけないのでマーキングしてあります。
クランクシャフトとプーリーは相対角度が間違わないようにスプラインの1山が無くなっていて
間違った角度では取り付けられないようになっています。

e0087256_050697.jpg

カムプーリーにもマーキングをしておきます。

e0087256_0522786.jpg

タイミングベルトを外したついでにウォーターポンプも交換します。
しかしタイベルでウォーターポンプを回すのはメンテナンス性が悪すぎです。

e0087256_0593220.jpg

次はヘッドカバーとカムシャフト周りを修理します。
このエンジンはヘッドカバーとカムホルダーが一体になっています。

e0087256_142931.jpg

左がEXH、右がINのカムプーリーです。
EXH側は可変タイミングプーリーが付いています、このプーリーはシャフトと外してしまうと
非常に面倒な取り付けをしなくてはいけなくなるので外さないで作業しました。
ちなみに取り付け方は、中にねじりばねが入っているので指定の回転をさせてカムシャフトの
どこかの角度にあわせるとかそんなようなものでした。
今のVVTプーリーはもっと簡単に組みつけられるようになっています。

e0087256_1115510.jpg

幸い カム山<シール内径 になっているのでプーリーの逆側からシールを取り付けれるようになっています。

e0087256_1151761.jpg

エンジン側の合わせ面、油路に汚れが溜まっています。
プラグホールのOリングも痩せきって千切れていました、ちなみにこのエンジンは
写真右の5気筒目のホールにエンジンオイルが溜まっていました。
改めて見ると1~5気筒の順に熱的に厳しいのかエンジンオイルの付着が多くなっていっています。
冷却水は1気筒目から流れていくのと放熱性、エンジンルーム中央の熱状況からこうなるのだろうか。

e0087256_124494.jpg

クリーナーとオイルストーンで汚れと液体ガスケットを取り除きます。

e0087256_1271762.jpg

ヘッドカバーに液体ガスケットを塗ります、ここもデフと同じ嫌気性ガスケットです。
このガスケットはだんだんと拡散していってしまうのでやめてほしいなあ。
マニュアルにはローラーで塗れと書いてありましたが無いので地道に塗りました。
嫌気性なのでヘッドと挟まれないと固まらないので油路に入っても流れていってしまいます。

e0087256_134335.jpg

ヘッドカバーを合わせる前にEXHのカムシールをセットしておきます。

e0087256_1372848.jpg

ヘッドカバーを取り付け残りのカムシールを取り付けます。

e0087256_1391256.jpg

最後にクランクリアシールを交換します。

e0087256_141235.jpg

取り外したシール、径が大きいです。リップの部分が硬くなっていました。
[PR]

by g2jing37 | 2011-09-23 01:47 | ボルボV70XC | Comments(2)
Commented by V70乗り at 2012-02-16 10:12 x
どうもこんにちわ。たまたまブログを見つけたので質問させてください。カムシールの交換は特殊工具がなくても交換可能なのでしょうか?よろしくお願いします
Commented by g2jing37 at 2012-02-18 09:54
できますよ、ちょっとコツがいりますけど。


<< ボルボ V70XC ATの修理-6      ボルボ V70XC ハーネスの... >>