2012年 10月 29日
BMW E30 325iレストア ENGの修理その5
シリンダヘッドが取り付いたので補器類を付けていきます。

e0087256_233348100.jpg

サーモスタットハウジングをつけました、修理前はサーモのスプリング保持アームが折れていて
常時開く状態になっていました。

e0087256_23401672.jpg

オルタネーターをつけました、新品のブラシが目立っています。

e0087256_23425757.jpg

パワステポンプです、この時代の補器ベルトは各パーツに1つあったので各補器にアジャスターが付いています。
写真右下のエンジンボンディングは被覆が崩れているので新たに作り直す予定です。

e0087256_23452112.jpg

エキゾーストガスケットも新品にしました、このエンジンはヘッドカバー右にイグニッションコードがあるので
ガスケットが遮熱板にもなっていて、つばがマニホールドの上に被さっています。

e0087256_23482288.jpg

デスビローターとキャップも新品にしました、まだまだ続きます。
[PR]

by g2jing37 | 2012-10-29 23:50 | BMW E30 325iレストア | Comments(2)
Commented by くろねこ at 2012-10-30 12:03 x
いつも拝見していて感心するばかりです G2さんには治せない物は無いんじゃないかって(笑)
Commented by g2jing37 at 2012-11-01 00:03
どうもです。
ですがまだエンジンに火を入れていないので、ちゃんと点火するか
全開で焼きついたりしないか心配で悶々としています。


<< BMW E30 325iレスト...      BMW E30 325iレスト... >>