2012年 11月 18日
BMW E30 325iレストア エアコンの修理
エアコンコンプレッサーを分解して修理できるか試してみます。
リビルト品はアメリカでも550$以上するので、可能ならシールのみ交換で何とかしたいところです。

e0087256_0205486.jpg

左上からクラッチ、プーリー、COMPフロントケース、マグネットコイル、COMPケース&温度センサー
下側はコンプレッサーローター&ハウジングとストレーナーです。

e0087256_0264136.jpg

このコンプレッサーはベーンタイプでした、冷媒回路内に入った湿気で鉄のローターとハウジングが錆びています。

e0087256_0283758.jpg

ストレーナーも錆の粉でいっぱいです。
古い車のエアコンの効きが悪くなるのはこのあたりにも原因がありそうです。
湿気で発生した錆の粉でCOMPのストレーナーやドライヤーのフィルターが詰まって
冷媒の流れが悪くなっていくのかもしれません。
錆の粉がエキスパンションバルブに到達すると気化不良を起こしたりするかもしれません。

幸いシールはほぼOリングでやっているので何とかなるかもしれません。
線径と内径を計って手配してみようと思います。
[PR]

by g2jing37 | 2012-11-18 00:39 | BMW E30 325iレストア | Comments(0)


<< BMW E30 325iレスト...      BMW E30 325iレスト... >>