2015年 09月 23日
KTM RC8 バックステップサポートの作成
RC8のステップ位置が前過ぎるのでBabyFaceのバックステップに交換したのですが、
それでも前過ぎると感じたのでステップサポートを作成しました。
e0087256_23073276.jpg
個人的にはリアタイヤ接地点とシート着座点を結んだ直線内に踵があるとリアタイヤの荷重が感じやすいので、
ステップバーがそこまで来るように作成しました。

e0087256_23152397.jpg
これは形状懲りすぎの失敗作、製作代が1つxxxxx円の見積もりが来てしまったのでアウト。

e0087256_23180372.jpg
コストリダクションVer、大分安くなりました。
がもう少し後ろにしたい。

e0087256_23223757.jpg
雑な修正図面ですがこれで製作。(工場の方には申し訳ない)
これでぐっと後ろに。

e0087256_23240786.jpg
左側はこのように、バーやペダルはBabyFaceのものです。
シフトロッドは長さが足らなくなるのでM6ステンレススタッドボルトとアルミの補強パイプで作成。

e0087256_23261619.jpg
右側、ブレーキホースの経路が変わるのでタイバンドで固定&コルゲートで補強しました。
コーナーや高速での操作は非常にやりやすくなりました。
がしかし街乗りは輪をかけてきつくなりました。

RC8はもっとステップ基部の位置と剛性を上げるべきだったのではないかな。
ステップバーまで梁の長さがあるのも原因だが基部の板厚が薄いのも厳しい。


[PR]

by g2jing37 | 2015-09-23 23:35 | KTM メンテナンス | Comments(0)


<< コメント機能復活させました。      BMW E30 325iレスト... >>