カテゴリ:修理してみた( 6 )

2012年 05月 15日
KTM EXC 525 ウォーターポンプシール交換
旧EXCエンジンの定番修理メニューのウォーターポンプシールを交換します。

e0087256_23244427.jpg

まずシートとタンクを外しウォーターポンプのカバーを外します。
外すとインペラとサークリップが見えるのでクリップを広げ外し、インペラとインペラ固定のピンを抜き取ります。

e0087256_23255475.jpg

インペラを外すとアルミのガスケットサポートが見えるので、サポートに空いているボルト穴にM3のボルトを取り付け
スライディングハンマー等で引き抜きます。
引き抜き方向には固定しているものは無いので力を入れれば出てきます。
シールのリップはシャフトで削られ、山が無くなっていました、こうなると軸からLLCが出てきます。

e0087256_23271354.jpg

サポートを取るとカムシャフトのベアリングが見えます、シャフトのシール当たり面をチェックして
荒れているなら耐水ペーパー等でならしておきます。

e0087256_2328958.jpg

シールの当たり面を見たところ、リップが当たっていたところが削れて溝になっています。
こうなっているとシールを新品にしてもすぐに漏れてしまいますがちょっと工夫してこのカムシャフトをまだ使えるようにします。

e0087256_23285770.jpg

新品のサポートにシールを圧入するのですが、今まで当たっていたところを避けるように1mmほど深く圧入します。
サポートに写真の逆側からもシールを圧入するのですが、そこも少し奥めに圧入しシャフトの傷ついていないところにリップが当たるように調整します。
2つのシール同士がサポート内で当たってしまうとシールが寿命になった場合にポンプの水抜き穴からLLCが出て来れないので
奥めにいれますが触れないようにうまく調整します。

e0087256_23295464.jpg

シールを圧入したらリップにグリスを塗り、サポート外側にOリングを取り付けカムシャフトに通します。
Oリングは写真のように真ん中の溝には付けず両端に取り付けます。

e0087256_23303719.jpg

シャフトの角でリップを傷つけないようにビニールなどでカムシャフト先端を包んで組み付けます。
その際サポートについている丸いマークの箇所に水抜き穴が空いているので、それを下にして組み付けます。
十分奥まで押し込んだらインペラとピンを取り付け、サークリップで抜けないように固定します。
新品のガスケットとポンプカバーを取り付け水を入れ、ヘッドのブリードバルブからエアを抜けば交換終了です。

EXCのウォーターポンプのシールは構造上どうしても早くに駄目になってしまうようです。
原因は色々あると思われますが、シールがガスケットサポートを介して取り付くので精度が悪かったり、
冷却水路の圧が1.4barあるためシールにかかる圧が高く消耗しやすい。
エンジン体積、冷却水量が少ないため高温になりやすく圧が上がりやすいなど条件が厳しいので交換サイクルは非常に早いです。
[PR]

by g2jing37 | 2012-05-15 23:33 | 修理してみた | Comments(2)
2012年 04月 08日
カジバ Vラプター 燃料ポンプの修理
カジバ Vラプターの燃料ポンプが壊れたので修理しました。
車検場から帰る途中でストンとエンジンが止まり再始動できなくなりました。

e0087256_2258433.jpg

何事かと家まで押して帰ってみたところスターターは正常、点火も問題なしですが
IGN-ONでも燃料ポンプの作動音が無いのでタンク下のポンプASSYを取り出してみました。

e0087256_2304555.jpg

外したタンク。

e0087256_2315090.jpg

ポンプASSYを取ったところ、大分汚れています。

e0087256_233328.jpg

原因はタンク内の水でポンプモーターの電源回路が錆びて切れたことでした。
写真右下のスタッドボルトで回路をタンク内から出しているのですが、ここのメガネ端子が錆びてもげていました。
ブラケット部の変色しているところまで水の層が出来ていたようで下部がひどく錆びていました。

e0087256_2371463.jpg

抜いた水は錆を含んで茶色くなっていました。
燃料噴射はインジェクションのため、昔のバイクのように下からガソリンを抜きません。
構造上一旦水が入ってしまうと外からは抜けないようになってしまっているようです。
スズキのTLなんかでも時折ある症状のようです。

e0087256_23105663.jpg

ポンプカバーとシールを挟み組み付けます、シールはまだ張りがあったので再利用しました。
カジバは日本の販売店の状況が不安定なのでパーツを買うのが面倒です。
次何か壊れたら作ったほうが早そうです。
[PR]

by g2jing37 | 2012-04-08 23:15 | 修理してみた | Comments(2)
2010年 03月 17日
BMW E30 325iを修理してみた-ATFを交換してみた
足車として使ってるBMWのATFとストレーナーを交換しました。
12万kmぐらい走ってる車両なのでそろそろクラッチプレートのフェーシングがまずい気がしますが
とりあえず油でも換えてお茶を濁しておきます。
E30のATの油はGM規格のデキシロン2相当だそうです、スリップロックアップがまだ無い時代のものだったか?
この車は80km以上でロックアップとの話を聞きましたがよくわからんです。
持ってるATFはデキシロン3相当なのですが互換アリとのことなので入れてしまいます。

e0087256_23562278.jpg

このZFの4ATはストレーナーが詰まる事例もWebで挙がっていたので交換しておきます。
オイルパンをはぐるとバルブボディが現れます、下の箱がストレーナーです。

e0087256_002545.jpg

外したストレーナー、これでATFのコンタミを取り除きます。
写真は外したままに近い状態ですが、摩擦材などのゴミが付着しています。
ATFは交換が必要ないと言われたりしていますが、ATは遊星ギアと湿式クラッチの塊なので交換するに越したことはありません。
昔のATが10万kmを賞味期限として作ってあって、その間なら無交換でいけるので交換が必要ないと言ってたと思います。

ATF交換するとATが壊れるとの話も聞きますが、ストレーナーも交換すればそんなことありません。
が、バルブボディの中は油圧立ち上がりのタイミング調整のため、オリフィスが入っている油路もあり
ゴミが入るとATが壊れることは十分にあります。
汚れたATFが摩擦材になってぎりぎり変速が成り立ってる場合もあるそうですが、そうだったらそうで
ATオーバーホールに挑戦するも良しな気がします。(最近E30のタマ減ってるから価値あがるかも?)

e0087256_0231336.jpg

ストレーナーのメッシュ部です、非常に細かい網目になっています。
交換後も相変わらずスコンスコンと変速ショックがありますが、20年ものなので仕方が無いのでしょう。。。。
[PR]

by g2jing37 | 2010-03-17 00:37 | 修理してみた | Comments(0)
2009年 10月 01日
BMW K100RS 外装パーツを処分します-2
全て売れたので今は受け付けていません、購入いただいた皆様どうもありがとうございました。

BMW K100RS 1987年式から取り外した部品を処分します。
Yahooオークションに出品していますので、ほしい方は是非どうぞ。
早く処分したいため安めに設定しています。


フロントフェンダー
フロントフォーク&ブレーキ&ハンドル周り
フロントホイール
タンク



フロントフェンダー
e0087256_2018736.jpg

小さい傷はありますが、目立つものはありません。
色はガンメタリック?です。

e0087256_20191246.jpg

取り付け用のナットが一つありません、私が買ったときには汎用のボルトナットで固定されていました。

e0087256_20215923.jpg

取り付け部が2箇所補修してあります。
エポキシパテか何かだと思われますがしっかり補修してあり、使用に問題はありません。

e0087256_20233216.jpg

こちらも直してあります。


フロントフォーク&ブレーキ&ハンドル周り
e0087256_20244860.jpg

左右フォーク、左右ブレーキキャリパー、アクスルボルトナット、上下フォーククランプ
ハンドルクランプ、ハンドル、アクセル、クラッチマスター、フロントブレーキマスターのセットです。
ボルト類は写真の状態に組むのに必要なものは揃っています。

e0087256_20272762.jpg

アウターチューブには再塗装をしたときに付いたと思われる塗料が付いています。

e0087256_20285720.jpg

アウターチューブには錆、汚れなどがありますが、機能に問題の出そうな傷はありません。

e0087256_20281833.jpg

インナーチューブに傷は無く、フォークオイルの漏れはありません。

e0087256_20303499.jpg

キャリパーにも汚れはありますが、ブレーキの動作に問題はありませんでした。
フルードの漏れもありません。
パッドはそのまま付けてお渡ししますが、いつ交換されたか不明なので交換をお勧めします。

e0087256_20323576.jpg

上下ローラーベアリングは目立つ傷はありませんが、取り外したときに若干の赤錆があったので交換することをお勧めします。

e0087256_2034526.jpg

アクスルボルト、ナットとカラーもお付けします、目立つ傷はありません。

e0087256_2035375.jpg

ハンドルとハンドルクランプは若干傷がありますが、曲がりなどはありません。

e0087256_20363966.jpg

フロントブレーキマスターとホースもお付けしますので、ブレーキ周りの部品は揃っています。

e0087256_20372893.jpg

ワイヤー類はありません、チョークワイヤーは根元で切った状態になっています。
クラッチレバーのセンサーは根元で切った状態になっています。


フロントホイール
e0087256_20385261.jpg

ホイール、ブレーキディスク、タイヤが付いた状態でお渡しします。

e0087256_2183890.jpg

タイヤはメッツラーで、ヒビはありませんが新しい状態ではないようです。
溝深さは中心で3mmほどあり、スリップサインまで1.5mm以上あります。

e0087256_2194457.jpg

ベアリングとディスクは特に大きな傷などはありません。


タンク
e0087256_2112575.jpg

塗装に目立つ傷も無く、へこみも無いようです。
日焼けなども無く、状態はなかなか良いものだと思います。

e0087256_21141634.jpg

内部に錆は見当たらず、配管などもきれいです。
車両は1987年式ですが、中の状態を見るとタンクは途中で新品に交換されたのかもしれません。

e0087256_21255011.jpg

燃料ポンプとキャップは使うためお付けできません。
ポンプにつながる2本のメガネ端子付きハーネスはタンク内部にありますので、ポンプをそのまま付ける事ができます。
燃料フィルターと容量ゲージはお付けします。

e0087256_21171538.jpg

裏側の遮熱材はポンプを外そうとした際に取ってしまいました、使う際には裏に遮熱材を貼ることをお勧めします。

e0087256_2120478.jpg

タンクの端の合わせの部分に大きな塗装の欠けはありません、横にはカウル内装が付いていた跡が若干あります。


何か質問などありましたらコメント欄にどうぞ。
写真のアップなど行えます。
[PR]

by g2jing37 | 2009-10-01 21:27 | 修理してみた | Comments(0)
2009年 09月 21日
BMW K100RS 外装パーツを処分します
全て売れたので今は受け付けていません、購入いただいた皆様どうもありがとうございました。

取り外したK100RSのパーツを処分しようと思います。
Yahooオークションに出品していますので、ほしい方は是非どうぞ。
早く処分したいため安めに設定しています。


アッパーカウル一式
リアフェンダー一式
シート&タンクパッド
右パニアケース&ステー&ステッププレート

アッパーカウル一式
e0087256_20315989.jpg

アッパー、ライト、スクリーン、サイド、ラジエーター前、左右ミラー、フォークブーツ、内装、内側のステーも一式付けて売ります。
小さいキズなどありますが、全塗装を行ったようなので目立つ傷はありません。
塗装もムラなど無くきれいに塗ってあります、色はガンメタリックです。

e0087256_20354210.jpg

内装は若干白くなっている部分はありますが、千切れたりはしていません。
ステー類は写っていませんが、錆びなどはあります。

e0087256_20375025.jpg

左サイドカウル内側とアッパーカウル内側に割れ?を補修した跡があります、パテなどを盛って直したようですが、
カウル外側はきれいに面を整えられていて、外側からは割れた跡はわかりません。
おそらく左に転倒などをして、その際に補修&全塗装したのかと思われます。

e0087256_2251259.jpg

e0087256_2253016.jpg

e0087256_2254547.jpg

e0087256_2262293.jpg

e0087256_2263683.jpg

e0087256_2272735.jpg



リアフェンダー一式
e0087256_20402364.jpg

リアカウル、ウインカー、ブレーキランプ、ナンバーステー、小物入れカバー、フェンダー内側の一式です。

e0087256_20452292.jpg

リアカウルはガンメタリックで再塗装されていて、小さい傷などはありますが目立つものはありません。

e0087256_20461389.jpg

ウインカー部根元に補修した跡があります、フレームと重なって隠れる場所なので、組み付けた後は
外から見れない部分ではあります。
e0087256_226574.jpg



シート&タンクパッド
e0087256_20481058.jpg


e0087256_20485981.jpg


e0087256_20491845.jpg

シートは特に切れなど無く、年式の割にはきれいな状態です。
裏の金具を見ると錆が無いので途中で交換されているのかもしれません。
e0087256_23385143.jpg

e0087256_2339724.jpg



右パニアケース&ステー&ステッププレート
e0087256_20515354.jpg


e0087256_20532681.jpg


e0087256_20535322.jpg

パニアケースとステー(グラブバー)と左右ステッププレート一式です。
ステッププレートはシルバーで再塗装されていますが、車体に取り付けたままで塗ったようで
細かいところはきちんと塗れていません。
ケース横は転倒?などをしたようで一部擦り傷があります。再塗装用などにどうぞ。
e0087256_2271452.jpg



何か質問などありましたらコメント欄にどうぞ。
[PR]

by g2jing37 | 2009-09-21 21:00 | 修理してみた | Comments(6)
2009年 08月 27日
BMW E30 325iを修理してみた
古い丸目の車が好きなので今の車を処分してE30を買ってみました。
状態は危機的状況ではなかったのですがオイルパンからの漏れやマウントがへたってるのでいくつか修理しました。

e0087256_23171242.jpg

オイルパンガスケットはひどいことになっており、劣化で縮まっていたようでボルトがトルクをかけなくても回る状態でした。
写真はパンを外したシリンダブロックですが、硬化したガスケットが割れて張り付いています。

e0087256_2320368.jpg

外したパンはきれいに洗います。
パンの底が膨れているほうが車両前になるのですが、実はこれより前には車体などの硬い部品は無く
サスのボトム時にはここが最初に地面にヒットするレイアウトになってしまっています。
そういうとこは板金のパンにしたらいいんじゃないですかねBMW。。。

e0087256_23252960.jpg

裏返すとオイルの偏りを防ぐバッフルプレートなどが見えます、10万km&20年たつと結構オイルの色が付いてしまうものですね。

e0087256_2328657.jpg

パン以外にも色々と外しているのですが、なんと酷いことにパンを外すにはミッションとエンジンを繋ぐブラケットがオイルパンの下を囲んでいるため
それを外さなくてはいけません。(ブラケットは写真左のボルトが入っているアルミ鋳物の部品です)
で、それの下にはスタビライザーとサスペンションメンバーが邪魔をしており、サスメンを外すにはロアコントロールアームが付いているのでそれも外す必要があり。
サスメンにはステアリングラックも付いているし、メンバー降ろすとエンジンマウントもいなくなってしまうのでエンジン支えないといけなく、
さらにエキゾーストも邪魔な場所にいます。(^ω^#)ビキビキ

こんなに外さなくてもエンジンをうまく持ち上げればパンを引きずりだせるらしいのですが、この際色々交換したかったので外してしまいました。
BMWの修理費が掛かるというのはこういうところから来るんでしょうね。

そんな設計してるから燃費、価格でVWに負けて高級車ではMBに負けるんだよおおお。
このドイツ勢の3番手がー

e0087256_23383828.jpg

外したサスメンです。あとパワステリザーバータンクを外すのにエアクリーナー&フローメーターも邪魔になるので外しています。

e0087256_23401069.jpg

外したロアコントロールアーム、ボールジョイントブーツはきっちり全て切れていたので汎用品を手配して交換しました。

e0087256_2342448.jpg

ステアリングラックはパンの下でオイルまみれになっていたのできれいに洗い、ブーツ交換とジョイントにグリス充填をしました。
別の話ですが乗用車の油圧パワステはそろそろ絶滅しそうですね。燃費、制御、耐久でもほぼ電動に喰われていますし。

メンバーを取ったついでにエンジンマウント、ミッションマウントともに交換しました。
元々振動はあまり無いエンジンでしたが、さらに静かになった感じです。

e0087256_03571.jpg

全て組みなおして車検に行ってきました、検査ラインでウォッシャー液が出ないという罠にはめてくれましたが
ホースについているチェックバルブが逆向きだったというだけだったので難なく終了しました。

銀色のツーリングは渋くていいですね。
[PR]

by g2jing37 | 2009-08-27 00:20 | 修理してみた | Comments(1)