<   2011年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2011年 10月 24日
リーフを借りてみた
安く借りれる機会があったのでリーフを借りて乗ってみました。
この車は個人的にも仕事的にも贔屓にしたい車です。

e0087256_2103881.jpg

斜め前より、ラジエーターが小さいので開口部はあまりありません。
カバというか、横から見るとUFOみたいなシルエットしています。

e0087256_2145822.jpg

エンジンルーム、もといモータールームに今後はなっていくのか、
ぱっと見は普通のガソリン車にも見えます、システムは違っても用途が同じだと自然に形が似るのでしょうか。
しかし同じ重量を動かすにはシステム全体の体積はモーターのほうが小さくて済むため結構余裕があります。
左に見える箱でモーターコントロール、ダウンコンバートとかをしています。

e0087256_234385.jpg

エンジンルーム左、弱電バッテリーとABSユニットがいます。

e0087256_2375535.jpg

右側、ブレーキリザーバータンクとインバーター、モーターの冷却水タンクがあります。
モーターもインバーターもエンジンほど熱くはならないので走らせた後でもほんのり温かい程度です。
高熱になるものが無いということは部品が熱にやられるという要因が無いので、EVは壊れにくいシステムにしやすいところもあります。
しかし今後は通電部の繰り返し通電による熱劣化やコンデンサパンク、半田はがれなどの家電製品みたいな壊れ方になるのだろうか。

e0087256_2572877.jpg

充電ポートとボンネットの両方を開けたの図
ポートが前というのはメリットもありますがデメリットも多いです。
でも充電器に前からアプローチしたほうがドライバーはやりやすいのでいいと思います。
後とかだとバックしすぎて充電器をはり倒す可能性がありますし。

e0087256_2561425.jpg

ポートのアップ、左が急速右が200、100V普通充電です。
EVの家で充電できるということは大きなメリットです、いつでも家から160kmは確実に移動できるというのは
地味に便利なことです。
あとガソリンインフラは電力、道路、コンビナートの3インフラの上に成り立っていますが、こいつは電力さえあれば走れるので
もし災害があってもなかなかしぶとく走ってくれます。

e0087256_314565.jpg

とっとと返すのもなんなので横浜本社まで充電にいきました。
走行可能距離は短いものの走行性能はガソリン車含め小型車中でピカイチだと思います。
モーターは0rpmからMAXトルクが出るので出足は相当の早さです。
トランスミッションは無いのでアクセル=車速になり何も気にせず3.0L-V6より早く出れます。
ジムカーナに出したらなかなかのタイム出せるんじゃないでしょうか。

このミッションが無いというところも大きなメリットです、油圧やクラッチの状況に左右されず、
ソリッド&ダイレクトに駆動トルクが出るしモーターはイナーシャも小さく、正確無比に動くのでスムーズで
ショックはほぼありません、そんな細かいところどうでもいいと思われがちですが、こういうところは
長く乗っていると疲れたり不快になったりするポイントです。

また、モーターはあまり音を出さないので車内の静粛性もすさまじいです。
この静かさは400~500万出さないと普通は手に入らないランクです。
ただ静か過ぎて自分が何キロ出してるかわからなくなるという弊害はあります、トルクもあるので
マメにメーターを見ないとすぐ法廷速度を超えてしまいます。

静かなことに関しては色々な面で賛否両論あるようですが、私個人は静かに越したことは無いと思っています。
歩行者が気づかないと言われますがそもそも歩行者が近い場合は減速するのがルールのような。。。
エキゾーストが無いのは寂しがる人も多いですが、エンジン音が無いと音での周辺状況の把握もしやすいし
路面からの音も聞きやすいので走りにも貢献できるメリットなんじゃないかと思ってます。


EVというとエコで売り出してますが、実はこいつ高級車の静粛性と最強の出足とスムーズさを持ったマシンだったりします。
半分手前味噌なところもありますが、走れるセカンドカーとしてもなかなか良いですよ、これ。


e0087256_3555240.jpg

おまけ。
公式痛車でもつくるつもりなのか。
[PR]

by g2jing37 | 2011-10-24 03:48 | 日記 | Comments(2)