<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2012年 05月 15日
KTM EXC 525 ウォーターポンプシール交換
旧EXCエンジンの定番修理メニューのウォーターポンプシールを交換します。

e0087256_23244427.jpg

まずシートとタンクを外しウォーターポンプのカバーを外します。
外すとインペラとサークリップが見えるのでクリップを広げ外し、インペラとインペラ固定のピンを抜き取ります。

e0087256_23255475.jpg

インペラを外すとアルミのガスケットサポートが見えるので、サポートに空いているボルト穴にM3のボルトを取り付け
スライディングハンマー等で引き抜きます。
引き抜き方向には固定しているものは無いので力を入れれば出てきます。
シールのリップはシャフトで削られ、山が無くなっていました、こうなると軸からLLCが出てきます。

e0087256_23271354.jpg

サポートを取るとカムシャフトのベアリングが見えます、シャフトのシール当たり面をチェックして
荒れているなら耐水ペーパー等でならしておきます。

e0087256_2328958.jpg

シールの当たり面を見たところ、リップが当たっていたところが削れて溝になっています。
こうなっているとシールを新品にしてもすぐに漏れてしまいますがちょっと工夫してこのカムシャフトをまだ使えるようにします。

e0087256_23285770.jpg

新品のサポートにシールを圧入するのですが、今まで当たっていたところを避けるように1mmほど深く圧入します。
サポートに写真の逆側からもシールを圧入するのですが、そこも少し奥めに圧入しシャフトの傷ついていないところにリップが当たるように調整します。
2つのシール同士がサポート内で当たってしまうとシールが寿命になった場合にポンプの水抜き穴からLLCが出て来れないので
奥めにいれますが触れないようにうまく調整します。

e0087256_23295464.jpg

シールを圧入したらリップにグリスを塗り、サポート外側にOリングを取り付けカムシャフトに通します。
Oリングは写真のように真ん中の溝には付けず両端に取り付けます。

e0087256_23303719.jpg

シャフトの角でリップを傷つけないようにビニールなどでカムシャフト先端を包んで組み付けます。
その際サポートについている丸いマークの箇所に水抜き穴が空いているので、それを下にして組み付けます。
十分奥まで押し込んだらインペラとピンを取り付け、サークリップで抜けないように固定します。
新品のガスケットとポンプカバーを取り付け水を入れ、ヘッドのブリードバルブからエアを抜けば交換終了です。

EXCのウォーターポンプのシールは構造上どうしても早くに駄目になってしまうようです。
原因は色々あると思われますが、シールがガスケットサポートを介して取り付くので精度が悪かったり、
冷却水路の圧が1.4barあるためシールにかかる圧が高く消耗しやすい。
エンジン体積、冷却水量が少ないため高温になりやすく圧が上がりやすいなど条件が厳しいので交換サイクルは非常に早いです。
[PR]

by g2jing37 | 2012-05-15 23:33 | 修理してみた | Comments(2)
2012年 05月 09日
BMW E30 325iレストア 分解その3
エンジン&ミッションを降ろします。

e0087256_2358065.jpg

その前に1箇所車体とつながっているところを忘れていました、エンジンオイルクーラーです。
エンジン右のホースを取り外し、バンパー下からクーラー本体も外してしまいます。

e0087256_00920.jpg

エンジン降ろしにかかります、まずエンジンのオイルパンにジャッキと木をかまして前側を受け止めます。
この状態でサスメンは外せるようになります、一緒に降ろすと書いたのですが邪魔になったので先に取り外してしまいました。

e0087256_024736.jpg

次にATのオイルパンにも木をかましてジャッキで支えます。
少し持ち上げてから後ミッションマウントが乗っている板金ブラケットをセンタートンネルから外すと
車体とつながるところが全て取れた状態になります。

e0087256_045156.jpg

エンジンとミッションをバランスよく降ろしていき、ある程度降ろしてミッションのコネクタが手の届くところにきたら
コネクタハウジングを回して取り外します。

e0087256_063686.jpg

あとはバランスを崩さないように支えつつ降ろせばユニットASSYが降ります。
このエンジンはシリンダーがEXH方向に傾いているので重心が若干右によっているようです。
左ハンドルなのでドライバーが乗ると丁度重心がいいところに来そうな感じです。

e0087256_091110.jpg

降りたエンジンを上から見た写真です。
次は車体前をもう少し上げてユニットに台車のローラーのようなものを取り付けて前に引きずり出します。
[PR]

by g2jing37 | 2012-05-09 00:15 | BMW E30 325iレストア | Comments(0)
2012年 05月 08日
BMW E30 325iレストア 分解その2
エンジン&ミッションを降ろすので周辺部品を外します。

e0087256_23385774.jpg

まずエンジン左側。
エアクリーナー&ダクト、クーラントリザーブタンク、リレーボックス、
パワステフルードリザーブタンク、燃料ホース2本を外してあります。

e0087256_234058100.jpg

ラジエターは既に降ろしています、それについていたATFホースも外してあります。

e0087256_2344760.jpg

エンジン左下のパワステポンプのホースも外します。

e0087256_23475364.jpg

12Vバッテリーとエンジンハーネスの先にあるECMのコネクタを外し、車内からエンジンルームに引き出します。
他にスターターの電線とエンジンルームハーネスにワイヤーtoワイヤーしている多極のコネクタがあるので外します。

e0087256_23515386.jpg

室内のECMの周辺です、右上の端子が沢山出ているのがECMです。
グローブボックスの上に取り付いています、当時はまだ多極の防水コネクタが無かったので
大抵の車が室内にECMを置いていました。

e0087256_23553488.jpg

イグニッションコイルの12V側のメガネ端子を外しエンジンと一緒に降ろせるようにブラケットから外しておきます。
コイルの下側に隠れているエアコンコンプレッサーのホースも低圧、高圧とも外しておきます。

e0087256_013422.jpg

プロペラシャフトはまだ外さず、ある程度ユニットが降りてきてから外す予定です。
前を50cmほどしか上げていないので、外さなくても平気な感じですが。

e0087256_052379.jpg

シフトレバーのリンクも外します、見難いですがAT右側とセンタートンネルの間にあります。

e0087256_065276.jpg

ATのハーネスコネクタも外したいのですが、手の入れにくい場所にあるので途中のトラバース部固定用の
クリップからハーネスを外し、ユニットが少し降りてもハーネスが突っ張らないようにしておきます。

e0087256_0102232.jpg

足回りも外します、E30はストラット式なのでシンプルです。
ステアリングラックのジョイントも緩めたので外すものは以上で終わりです。
次は写真のロワアームが付いているサスペンション(エンジン?)メンバーごとユニットを降ろすことにします。
[PR]

by g2jing37 | 2012-05-08 00:16 | BMW E30 325iレストア | Comments(0)