2012年 11月 18日
BMW E30 325iレストア ATの修理その2
バルブボディを外しさらに分解を進めます。

e0087256_23493973.jpg

バルブボディはトルクスボルトで固定されています。
少し座面の大きいボルトと小さめのボルトの2種あり、少し大きい方とスピードセンサーを外すとミッションケースから
バルブボディASSYが取れます。

e0087256_23524543.jpg

外して上から見たところ、ソレノイドバルブが上側にいます。

e0087256_23551947.jpg

ケース側、ボルボの5ATに比べると比較的シンプルな油路です。

e0087256_23572841.jpg

バルブ側からつつき、センターサポートを取りました。

e0087256_022059.jpg

インターミディエイトシャフトを抜き取ります。

e0087256_031644.jpg

シャフトASSYが取れました。

e0087256_04356.jpg

LO/リバースドラムを取るにはアウトプットシャフトについているP/SFTフランジを取る必要があります。

e0087256_061997.jpg

幅30のナットで止まっているので、ディープソケットとプーリーロックツールを使って外します。

e0087256_082960.jpg

P/SFTフランジとパーキングロックが外れました。

e0087256_073273.jpg

フランジを外すとエクステンションハウジングも取れるようになります。
下のレバーはパークロックレバーです。

e0087256_0103289.jpg

エクステンションハウジングを裏側から、ケースブリーザーのオイルトラップが付いています。

e0087256_0113892.jpg

アウトプットシャフトを前側に押すとハブと一緒に抜けます。

e0087256_0123344.jpg

ロー/リバースドラムが取れました。
あとはオーバードライブドラムですが、固定しているトルクスボルトが固着しているようで
星穴をなめてしまいました、ドリルでもみとって外さなくてはいけなくなりました。
[PR]

# by g2jing37 | 2012-11-18 00:17 | BMW E30 325iレストア | Comments(0)
2012年 11月 13日
BMW E30 325iレストア ATの修理その1
エンジンが大体終わったので今度はATを分解します。
このミッションはZF4HP22という型式で、ジャガーや他の車種に幅広く使われていたものだそうです。

e0087256_03898.jpg

Webで調べると色々と情報が出てきます。

e0087256_08748.jpg

カットモデル

e0087256_23575681.jpg

ベルハウジングを取り外しました、フォワードドラムとダイレクトハブがついてきました。

e0087256_0112135.jpg

外したミッション側。

e0087256_014550.jpg

フォワードクラッチを分解しました、クラッチのフェーシング表面に文字が見えます。
前のアイシン5ATの時もそうでしたが、通常使用ではクラッチもハブもほとんど消耗しないようです。
フルード漏れによる油面低下やLLC混入などが無い限り壊れないんじゃないでしょうか。

e0087256_019044.jpg

ハブの状況も悪くないです。

e0087256_0195438.jpg

フォワードドラムからダイレクトハブを取り外しました。

e0087256_0213165.jpg

ダイレクトクラッチも異常磨耗無しです。

e0087256_0221144.jpg

センターサポートプレートに到達しました。
ここからだと外し方がわからないので、次は下のバルブボディを外すことにします。
[PR]

# by g2jing37 | 2012-11-13 00:28 | BMW E30 325iレストア | Comments(0)
2012年 11月 05日
BMW E30 325iレストア ENGの修理その6
吸気系を付けてさらに仕上げます。

e0087256_23291125.jpg

インマニとバタフライバルブ。
手前の2本のホースはバルブ凍結防止のヒーター水路です。
インマニの吸気管長がきれいに等長にしてあります、このあたりにドイツ人のデザイン気質を感じます。
彼らのきれいにそろえるセンスは素晴らしく、最近だとVWのエンジンルームレイアウトが市販車で一番きれいだと思います。

e0087256_23315397.jpg

インジェクターも取り付けました、インマニ内側に抱かれるように付くので先につけておくと楽です。

e0087256_233802.jpg

プラグコードも新品にしました。

e0087256_23392632.jpg

水ホースも全て新品に変更です。
このエンジンはウォーターポンプのプーリーの先にファンが付くのですが、機械式ファンがあまり好みではないので
最近の車からとってきた電動ファンをラジエーターに付けてこちらは外してしまうことにします。

e0087256_23491850.jpg

新旧ファンの比較、こんなにも形状が違っています、流体解析が進歩したおかげです。
[PR]

# by g2jing37 | 2012-11-05 23:53 | BMW E30 325iレストア | Comments(0)
2012年 10月 29日
BMW E30 325iレストア ENGの修理その5
シリンダヘッドが取り付いたので補器類を付けていきます。

e0087256_233348100.jpg

サーモスタットハウジングをつけました、修理前はサーモのスプリング保持アームが折れていて
常時開く状態になっていました。

e0087256_23401672.jpg

オルタネーターをつけました、新品のブラシが目立っています。

e0087256_23425757.jpg

パワステポンプです、この時代の補器ベルトは各パーツに1つあったので各補器にアジャスターが付いています。
写真右下のエンジンボンディングは被覆が崩れているので新たに作り直す予定です。

e0087256_23452112.jpg

エキゾーストガスケットも新品にしました、このエンジンはヘッドカバー右にイグニッションコードがあるので
ガスケットが遮熱板にもなっていて、つばがマニホールドの上に被さっています。

e0087256_23482288.jpg

デスビローターとキャップも新品にしました、まだまだ続きます。
[PR]

# by g2jing37 | 2012-10-29 23:50 | BMW E30 325iレストア | Comments(2)
2012年 10月 25日
BMW E30 325iレストア ステアリングの修理その2
ラック内のシールがなんとか取れたので新品に交換し組み立てていきます。

e0087256_0313439.jpg

シールを全交換したバルブとラックのガタつめプランジャです。
ベアリングが3箇所付いていますが、一番下の油外にあるボールベアリングが錆びていたので交換しました。
専用設計ではないので汎用の外径28内径12幅8の開放ベアリングです。

e0087256_044341.jpg

ピストンのプラスチックシールも交換しました。

e0087256_04669.jpg

外したシールです、漏れはなかったのですがリップの潰れやフルードのゴミで汚れていました。

e0087256_0484580.jpg

あとは各部品をラックケースに収めていきます。

e0087256_0493023.jpg


e0087256_0495711.jpg


e0087256_0502985.jpg

ラック&ピニオン接触部はフルードが来ないのでグリスをたっぷり塗っておきます。
あとは車体につける際にブーツとタイロッドエンドをつけて終わりです。
[PR]

# by g2jing37 | 2012-10-25 00:53 | BMW E30 325iレストア | Comments(0)
2012年 10月 10日
BMW E30 325iレストア ENGの修理その4
部品を洗い終えたので今度は復元していきます。

e0087256_032374.jpg

ヘッドにバルブとロッカーアームを取り付けました、シャフトをさしながらアームを1つずつ入れるのですが、
カムが起きているシリンダーがあるのでアームをずらしたり知恵の輪状態で組みました。
バルブクリアランスはロッカーアームの偏芯カムを回転させ0.25mmに合わせます。

e0087256_0395445.jpg

新品のピストンリングに交換し、シリンダーにピストンを入れました。

e0087256_0424699.jpg

オイルパンとエンジンマウントブラケットです、ブラケットのボルトは趣味でステン内六角にしました。
パンも漬け洗いしたのできれいになっています。

e0087256_0444134.jpg

フロントシールとインターミディエイトのシールも交換しました。

e0087256_0454711.jpg

クランクエンドシールも交換しました、このエンジンの前後シールのサポートはケースと別体のアルミ製です。
ボルトは趣味でオリジナルのワッシャー付きからフランジボルトに変更してあります。

e0087256_0494077.jpg

ヘッドガスケットを乗せてシリンダヘッドと合体させます。
ヘッドボルトは角度管理で30N・m→90度→90度と締めていきます。

e0087256_0505075.jpg

ヘッドカバーまで付けました、分解前は泥汚れで汚かったのですが、きれいになると
黒い鋳鉄シリンダーとアルミのヘッド、オイルパンの銀が渋い色合いを出しています。
[PR]

# by g2jing37 | 2012-10-10 01:00 | BMW E30 325iレストア | Comments(0)
2012年 09月 24日
BMW E30 325iレストア ENGの修理その3
分解したものを洗っていきます。
汚れがきついので水溶性の洗浄剤で浸け置きにします。

e0087256_22294322.jpg


e0087256_22301827.jpg


e0087256_22304232.jpg

まっ茶色だったヘッドカバーがきれいになりました。

e0087256_22313623.jpg

シリンダー内にカーボンが残っているのでピストンを抜いてきれいにします。
オイルポンプを外しビッグエンドのボルトを外してヘッド方向に出します。

e0087256_22352633.jpg

クランクシャフト側から押し出します。

e0087256_22363043.jpg

出して洗浄液で洗いました、このエンジンは1気筒目が厳しいのかスモールエンドが固着気味でした。

e0087256_22434017.jpg

洗浄液がなかなか強烈でヘッドのデポジットがすっかり落ちました。
手にも強烈です。

e0087256_22483274.jpg

コンロッドのメタルに特に異常は無いので洗っただけにとどめます。
ビッグエンドはASSY時に真円度を管理しているので外した物と違う物を組み合わせないように気をつけます。

e0087256_2256661.jpg

まだまだ洗います。
[PR]

# by g2jing37 | 2012-09-24 22:58 | BMW E30 325iレストア | Comments(0)
2012年 09月 19日
テスラ モデルSのシャシーを見てきた
青山にあるテスラモータースのディーラーでモデルSのシャシーを見てきました。

e0087256_1135835.jpg

フロントセクション、リア駆動のためここには補器とトランクの空間しかありません。
手前右からVDCアクチュエーター、マスターバック負圧ポンプ、エアサスポンプ?
真ん中にラック同軸EPS、その後にエアコンコンプレッサーが置いてあります。

負圧ポンプ&VDCがあるのでフィットEVやリーフに積んであるフル回生ブレーキではないような感じです。
リアモーターなので回生効率はあまり良く無さそうに思いますが、十分に電池があるので航続はいい数字が出ています。

e0087256_1241615.jpg

ボディはNSXもびっくりのフルアルミのようです、サイドシル端、アウトリガーやショックマウント部などの
複雑な箇所に鋳造ピースを使い、それらを押し出し材を使って結び、平面部にパネルを張るといったような工法で
普通に売られている車のスチールモノコックと似てはいるが全く異なる手法で作られています。
モデルSから自社製のシャシーになったとのことですが、費用のかかるボディメタルの型を最小限で抑える
ベンチャーに適した作り方をしていると思います。

e0087256_1344100.jpg

エアコンコンデンサーは左右フェンダーにあります。
ロードスターもモデルSもバッテリーを液体で温調しているとのことですが、その機構はこのストリップには付いていないようです。
シボレーボルトなども液冷バッテリーを積んでるそうですが、どういったフルードなのか非常に気になります。

e0087256_1392321.jpg

バッテリーはフロアパネル底面に敷き詰められています、乾電池型の円筒セルがここに詰まっているとのことですが
セル自身はあまり大きくないのであまり厚みはありません。

e0087256_1434571.jpg

リアセクションに行くとモーターユニットがメンバーに挟まれています。
左からモーター、デフギア、インバーターとのことです。
モーターにエアコン配管のようなアルミパイプがあり、おそらく冷却のフルードが流れていると思われるのですが
どんな冷媒が使われているかはわかりません。
デフギア右の蓋がただの板切れになっていてシール剤で密閉しているようですが、面圧が解析されているか非常に謎です。
ちなみに右ドライブシャフトが抜けかけています。

サスペンションメンバーもアルミで、鋳造パーツと押し出しパーツで構成されています。

e0087256_1573612.jpg

バッテリーパックの写真も展示してありました、これはおそらくロードスターの物です。
テスラで採用しているセルは1つが小さいため、容量を稼ごうとするとものすごい数が必要になります。
数がかさむとそれだけ性能ばらつきの悪い物も抱えることになるので、電池性能に影響が出ます。
ロードスターはセル数が6831個で某Lは192セルと10倍以上の差があります。

バッテリー容量は最高85kWhと、これがあれば1週間は家が停電しないですみそうです。
チャデモのV2Hに対応するかは検討中とのことでしたが。

EPAの航続距離は426kmなので、こいつの電費は1kWhあたり約5kmです。
同じクラスのDセグメントセダンの燃費を10km/Lとして、ガソリン代を145円/Lとする
5km走るのに必要なコストは10km=145円→5km=72.5円
家のソーラーパネルの電力でモデルSを5km走らせると1kWhあたり72.5円もらえたことになる。
売電するよりかは高い価値になるっぽいです。仮ですが。
[PR]

# by g2jing37 | 2012-09-19 02:57 | 日記 | Comments(0)
2012年 09月 10日
BMW E30 325iレストア ENGの修理その2
シリンダーヘッドを分解します。

e0087256_22471753.jpg

このエンジンはロッカーアームのシャフトがIN、EXHで各1本にまとめられています。
固定ピンを抜くとシャフトが横にずれて抜ける構造になっていますが、シャフトに固着したオイルのガムで硬いのと、
6気筒あるのでどこかのカムが作動しているため硬く、抜くのに苦労しました。

e0087256_22504016.jpg

外したロッカーアームとシャフトです、ロッカーアームはクリップで挟まれ横にずれないようになっています。

e0087256_22522614.jpg

ロッカーアームを取るとカムシャフトが取れます、車体前側のシールサポートを外すとするっと出てきます。

e0087256_2254285.jpg

カム山頂点にすこし剥離が見えますが極小なので問題はなさそうです。
フローティング部は直接接触していないのでほとんど傷がありません。

e0087256_22593693.jpg

ヘッド側フローティング部も傷なしです。

e0087256_2314526.jpg

バルブとスプリングを取りました、ステムシールはまずまずの硬さになっていますので交換します。

e0087256_233109.jpg

外したバルブに縦傷は入っていませんでした、IN、EXHともにカーボンが付着しているので洗浄液に入れて洗います。

e0087256_236194.jpg

外したバルブASSYです、汚れがもっさりです。
[PR]

# by g2jing37 | 2012-09-10 23:08 | BMW E30 325iレストア | Comments(0)
2012年 09月 06日
BMW E30 325iレストア ENGの修理その1
ENGをATと引き剥がして駄目になっているガスケット類を交換します。

e0087256_22192527.jpg

ドッキングボルトを外し、スターターの穴からトルクコンバーターとリングギアの接続ボルトを3本とってATを外します。

e0087256_22275857.jpg

リングギア側から、クランクエンドシールも交換します。

e0087256_2229074.jpg

クランクプーリーの固定ボルトを外し、タイミングベルトを外します。
プーリー固定ボルトは大径で細目のねじが切ってあるのですさまじい硬さでした。
タイミングがずれないようベルトとプーリーにマークを付けておきます。
写真右のインターミディエイトシャフトはオイルポンプを駆動しているようです。

e0087256_223243.jpg

カムプーリーを外したところです、シリンダーヘッドはアルミです。

e0087256_2233628.jpg

ウォーターポンプ跡地です、シリンダーブロックは鉄です、シリンダーライナー側面は22年の年季で錆びています。

e0087256_22343221.jpg

フロントシールもへたっていました。

e0087256_22353669.jpg

ヘッドカバーを外し、ヘッドボルトを緩めていきます。
こいつはSOHC2バルブで点火進角無しのシンプルなエンジンです、同じ時期にR32スカイラインがDOHC4バルブで
電子制御点火していたので当時でもなかなかクラシックなエンジンだったのかもしれません。

e0087256_2250482.jpg

シリンダーヘッドを外しました、ヘッドガスケットに漏れはありませんでした。

e0087256_22534668.jpg

ヘッド側です、次はさらに分解して洗浄していきます。
[PR]

# by g2jing37 | 2012-09-06 22:57 | BMW E30 325iレストア | Comments(0)