2012年 04月 08日
カジバ Vラプター 燃料ポンプの修理
カジバ Vラプターの燃料ポンプが壊れたので修理しました。
車検場から帰る途中でストンとエンジンが止まり再始動できなくなりました。

e0087256_2258433.jpg

何事かと家まで押して帰ってみたところスターターは正常、点火も問題なしですが
IGN-ONでも燃料ポンプの作動音が無いのでタンク下のポンプASSYを取り出してみました。

e0087256_2304555.jpg

外したタンク。

e0087256_2315090.jpg

ポンプASSYを取ったところ、大分汚れています。

e0087256_233328.jpg

原因はタンク内の水でポンプモーターの電源回路が錆びて切れたことでした。
写真右下のスタッドボルトで回路をタンク内から出しているのですが、ここのメガネ端子が錆びてもげていました。
ブラケット部の変色しているところまで水の層が出来ていたようで下部がひどく錆びていました。

e0087256_2371463.jpg

抜いた水は錆を含んで茶色くなっていました。
燃料噴射はインジェクションのため、昔のバイクのように下からガソリンを抜きません。
構造上一旦水が入ってしまうと外からは抜けないようになってしまっているようです。
スズキのTLなんかでも時折ある症状のようです。

e0087256_23105663.jpg

ポンプカバーとシールを挟み組み付けます、シールはまだ張りがあったので再利用しました。
カジバは日本の販売店の状況が不安定なのでパーツを買うのが面倒です。
次何か壊れたら作ったほうが早そうです。
[PR]

# by g2jing37 | 2012-04-08 23:15 | 修理してみた | Comments(2)
2012年 04月 01日
BMW E30 325iレストア 分解その1
BMW E30 325iをレストアします。
最近めっきり市場でE30を見なくなったのできっちり直して延命させたいと思います。
完成したら売るなり、ボルボから戻るなり何なりする予定です。

e0087256_0193534.jpg


e0087256_028792.jpg

やることは
・ENGのガスケット類交換、シール交換、メタルやクランク、ピストン、ヘッドの修理は様子見。
・ATはリビルドに交換したいところ。(自分で修理はもうやりたくないです)
・サスペンション部品のブッシュ類は全交換。
・ハブベアリング交換。
・プロペラシャフトジョイント交換、ドライブシャフトは新品にする。
・エンジンマウント類全交換。
・エンジンルーム、エンジンハーネスはコネクタが手に入るなら全部手前で作り直し。
・メーターギヤ修理。
・パワステポンプ修理、ラックはリビルドできればしたい、タイロッドは交換。
・水ホース、オイルホース、エアコンホース、ブレーキホース交換
・ブレーキマスターシリンダー交換。
・ブレーキディスク、パッド全交換
・コンデンサーとラジエーターは様子見。
・エアコンコンプレッサーはリビルドしたいところ。
・ヘッドライトはH4の汎用品で製作予定、純正プロジェクターは高いし暗いです。

e0087256_0392134.jpg

フードインシュレーターはもう触るだけで崩れてしまいました。
塗装は苦手なのでしないつもりです。
ただ天井の垂れ下がりは何とかしたいところ。

e0087256_0432426.jpg

ホース類などで一部レイアウトが気に入らないところがあるのでちょっと自作で修正するつもりです。
ハーネスは目だって損傷は無いのですがもう銅線も劣化してきているので何とかしたいです。
ディーラーに聞いたところコネクタ単品の番号が出ているので手に入るかもしれません。
ASSYは10万弱とのことですが70年代後半の設計よりはうまく出来る気はするので自作します。
最近流行のコルゲートチューブをテープ無しで閉じれるクリップ(今の1シリーズや3シリーズにも付いてます)は
単品で買えるそうなので近代改修的なものを作れたらしたいです。

e0087256_0483179.jpg

バンパーを取ったら2002っぽくなりました。
E30ツーリングのはじめはマルニーの後に自作荷室付けたものだったそうだから
このままマルニー風ツーリングもいいかも。
[PR]

# by g2jing37 | 2012-04-01 00:52 | BMW E30 325iレストア | Comments(2)
2011年 12月 18日
ボルボ V70XC ATの修理-7
長らくかかったV70XCのAT修理ですが、結局のところリビルドに載せ変えました。
e0087256_1433277.jpg


リビルドユニットを載せ変えているところです。
ケースは新品のようですが、一部センサーは中古品のようでした。
e0087256_1483460.jpg


このATはリニアソレノイドを使って変速油圧の微細な制御を行っているので
設計仕様通りに動かすにはベンチテストに掛け、油圧応答などを規定値にセットしないといけないため
個人での単体部品(バルブボディのみなど)の修理は不可能です。

載せ替えをもってやっとこさXC70の修理は完了しました。
最後にこの車の故障しやすいポイントをまとめておきます。

壊れやすいポイント
・ATのリニアソレノイドの劣化が起きやすく応答性が悪くなると変速時にショックが出る。
 油圧センサーは積んでいないため、ATCUはソレノイドの劣化を検知することはできません。
 なので狂ってきたら正直どうしようもありません。
 シフトをPNギアからDやRに変える際にショックやタイムラグが1秒以上出ていたらほぼアウトです。
 リビルドのATは冷機時だろうが暖機後だろうがATF温度センサーから油温を見て
 0.5秒ぐらいでショック無くクリープし始めます。

・ターボ搭載車はエンジンルーム内温度が高いためシリンダーヘッドより高い位置にある樹脂部品が劣化しやすい。
 どのメーカーのターボ車にもあることだと思われますが、この車も例外なく起きます。
 イグニコイルやアッパートルクロッドはよくやられる部品です、ブレーキストロークセンサーも
 ターボ上にあるので大体やられるそうです。
 ハーネスの外装もコストダウンのため安い作りになっているので熱を防ぎきれず、中の裸線に害が出ます。
 中古車サイトでヘッド付近のハーネス外装がやられている写真をよく見ますが、その状況になると
 先は永くないと思われます。

・シリンダ、ヘッドカバー、トランスファー(アングルギア)、リアデフがオイル漏れしやすい。
 これらの部品のオイルシールを液体ガスケットで行っているため揮発してオイルが漏れます。
 このガスケットはあまり性能がよくないので10万km走っていたら必ず漏れると思われます。

・プロペラシャフトのフロントジョイントがエキパイに近いためブーツ破れや劣化がおきやすい。
 最近はジョイント単品でも部品が出始めたようなので破れたら交換がいいと思います。
 破れるころにはジョイントも焼けてフリクション大になっています。

・全体的に設計が煮詰められていないため、故障したり整備性が悪いところがある。
 日本車、ドイツ車と比べると設計が悪いです、不慮の故障はよくあると思うので覚悟して乗られるといいと思います。
 設計元のスウェーデンは涼しく、交通もまばらなので熱や高負荷に対してあまりよく作られていません。
 国際的に売ってるのにそんなことあるかと思われるかもしれませんが、製品は設計している地域の人の
 感性に左右されるものなので日本が暑く、渋滞することは想像できていません。
 想定外の地域で乗っていると思ってもいいかもしれません。

良い所
・ドアが丈夫で閉まり音がいい、ドスッと閉まります。
・車両挙動が穏やかで疲れにくい味付けになっている。
・でかいので中は広い。
・外見、内装共にデザインが派手すぎず、形もまとまっていてバランスがいい。
 メーターバイザーの形が両端でダッシュパネルと合流したり形状に無駄な線が無いのがいい。
・ディーラーがきちんとしている、特にYANASE系列のお店は対応、技術共に高いレベルだと思います。
 工賃は安くないですが、きちんとメーカーから情報をもらえるので作業の質は最高です。
[PR]

# by g2jing37 | 2011-12-18 02:54 | ボルボV70XC | Comments(0)
2011年 12月 18日
ボルボ V70XC エアコンの修理
買ってきたボルボは左右独立のクライメートコントロールがついているのですが
左のダクトからエアコンの冷風が出なくなっていました。

エアコンフラップがあやしいのでHVACの左側を見るためグローブボックスを外してみたところ
エバポ側出口のエアフラップのアームが折れていました。

フラップアーム付近は狭く、折れたアームを接着しようとしても補強を入れる隙も無いので
日ごろお世話になっている工場の方にステンレス削りだしで補強アームを作ってもらいました。

e0087256_1241469.jpg

白い箱がエアコンフィルタのBOXで、その右にあるのが冷風フラップのリンクです。
針金が曲げて付けてあるものがステンレスのアームで、針金はアームが抜けるのを防止するため設けました。

e0087256_1312832.jpg

白いコネクタが生えているものがエアコンフラップアクチュエーターです、刺さってる箇所はヒーターフラップ
なのですが、リンクアームを介してクーラーフラップも動かしています。
エアコン指示温度に応じて開度を取っているのですが、クーラー側が折れると当然冷風が調整できず、
しかも折れるとクーラー側はフラップの構造上塞がるようになるのでダクトから温かい風しか出なくなります。

この故障Webで調べるとP2プラットフォームのV70全体で起きていることのようです。
フラップアクチュエーターがフラップ稼動位置限度に来ているのに動かそうとしてしまうのか
樹脂のアームを折ってしまうようです。
対策が入っているかわかりませんがエアコンコントローラーのROMが新しくなっているそうなので
ECM、ATコントローラーのリプロの際にセットで全て行ってもらいました。
[PR]

# by g2jing37 | 2011-12-18 01:38 | ボルボV70XC | Comments(0)
2011年 10月 24日
リーフを借りてみた
安く借りれる機会があったのでリーフを借りて乗ってみました。
この車は個人的にも仕事的にも贔屓にしたい車です。

e0087256_2103881.jpg

斜め前より、ラジエーターが小さいので開口部はあまりありません。
カバというか、横から見るとUFOみたいなシルエットしています。

e0087256_2145822.jpg

エンジンルーム、もといモータールームに今後はなっていくのか、
ぱっと見は普通のガソリン車にも見えます、システムは違っても用途が同じだと自然に形が似るのでしょうか。
しかし同じ重量を動かすにはシステム全体の体積はモーターのほうが小さくて済むため結構余裕があります。
左に見える箱でモーターコントロール、ダウンコンバートとかをしています。

e0087256_234385.jpg

エンジンルーム左、弱電バッテリーとABSユニットがいます。

e0087256_2375535.jpg

右側、ブレーキリザーバータンクとインバーター、モーターの冷却水タンクがあります。
モーターもインバーターもエンジンほど熱くはならないので走らせた後でもほんのり温かい程度です。
高熱になるものが無いということは部品が熱にやられるという要因が無いので、EVは壊れにくいシステムにしやすいところもあります。
しかし今後は通電部の繰り返し通電による熱劣化やコンデンサパンク、半田はがれなどの家電製品みたいな壊れ方になるのだろうか。

e0087256_2572877.jpg

充電ポートとボンネットの両方を開けたの図
ポートが前というのはメリットもありますがデメリットも多いです。
でも充電器に前からアプローチしたほうがドライバーはやりやすいのでいいと思います。
後とかだとバックしすぎて充電器をはり倒す可能性がありますし。

e0087256_2561425.jpg

ポートのアップ、左が急速右が200、100V普通充電です。
EVの家で充電できるということは大きなメリットです、いつでも家から160kmは確実に移動できるというのは
地味に便利なことです。
あとガソリンインフラは電力、道路、コンビナートの3インフラの上に成り立っていますが、こいつは電力さえあれば走れるので
もし災害があってもなかなかしぶとく走ってくれます。

e0087256_314565.jpg

とっとと返すのもなんなので横浜本社まで充電にいきました。
走行可能距離は短いものの走行性能はガソリン車含め小型車中でピカイチだと思います。
モーターは0rpmからMAXトルクが出るので出足は相当の早さです。
トランスミッションは無いのでアクセル=車速になり何も気にせず3.0L-V6より早く出れます。
ジムカーナに出したらなかなかのタイム出せるんじゃないでしょうか。

このミッションが無いというところも大きなメリットです、油圧やクラッチの状況に左右されず、
ソリッド&ダイレクトに駆動トルクが出るしモーターはイナーシャも小さく、正確無比に動くのでスムーズで
ショックはほぼありません、そんな細かいところどうでもいいと思われがちですが、こういうところは
長く乗っていると疲れたり不快になったりするポイントです。

また、モーターはあまり音を出さないので車内の静粛性もすさまじいです。
この静かさは400~500万出さないと普通は手に入らないランクです。
ただ静か過ぎて自分が何キロ出してるかわからなくなるという弊害はあります、トルクもあるので
マメにメーターを見ないとすぐ法廷速度を超えてしまいます。

静かなことに関しては色々な面で賛否両論あるようですが、私個人は静かに越したことは無いと思っています。
歩行者が気づかないと言われますがそもそも歩行者が近い場合は減速するのがルールのような。。。
エキゾーストが無いのは寂しがる人も多いですが、エンジン音が無いと音での周辺状況の把握もしやすいし
路面からの音も聞きやすいので走りにも貢献できるメリットなんじゃないかと思ってます。


EVというとエコで売り出してますが、実はこいつ高級車の静粛性と最強の出足とスムーズさを持ったマシンだったりします。
半分手前味噌なところもありますが、走れるセカンドカーとしてもなかなか良いですよ、これ。


e0087256_3555240.jpg

おまけ。
公式痛車でもつくるつもりなのか。
[PR]

# by g2jing37 | 2011-10-24 03:48 | 日記 | Comments(2)
2011年 09月 27日
ボルボ V70XC ATの修理-6
ATを組みなおして搭載してみたはいいものの、結果から言うと変速ショックは取れず再度修理となりました。
次はリビルドのATに交換する予定です。

e0087256_23342983.jpg

車検も取り、走らせながら調整をしていたのですが結局根本的な解決はできませんでした。
色々と試行錯誤して修理した履歴を挙げておきます。

e0087256_23415537.jpg

アメリカのボルボパーツショップのIPDで取り上げられてるB4ブレーキバンドサーボのシール交換を試してみました。
写真下が新品のサーボカバー&Oリングです。
このサーボはシールがOリングですが、リングを横方向に摺動してしまうため円が潰れてしまい
シールからオイルが漏れる状態になっていた可能性がありました。
このようなOリングのシール性損失はKTMのクラッチピストンでも同様のことがありました。

e0087256_235353.jpg

サーボのミッション側取り付け部です、この部位は一応車載状態でも交換できます。
交換後はやはりオイル漏れが起きていたようで、B4ブレーキバンドを使用する3速のショックに若干の変化がありました。

サーボカバーを変えてみましたが、完全暖気後の各ギアで全体的に出ているショックの解決にはなりませんでした。
30分~1時間ほど走るとATFは完全に暖気され、その状態で変速をする際にショックがひどく出てしまいます。
暖気後はP→D、P→Rレンジに変速するにも1秒ぐらいのラグが発生していました。
明らかに油圧応答がおかしくなっています。
外国産車のAT修理で実績のある大阪のショップの方に電話で聞いてみたところ、V70、XC70のアイシン5ATではよく聞く症状とのことでした。

e0087256_084439.jpg

ショックの原因として疑われるのはATFのライン油圧の調整不良かシフト油圧の調整不良です。
写真の部品はライン圧を各油路に割り振るソレノイドですが、このリニアソレノイドはパルス信号によりDUTY制御され、
ATFが温まって粘度が変わったときや、アクセル開度によって早い変速を求められているときに中のバルブの
スライド量、スライド速度を変化させて油圧立ち上がりを制御しています。
どうやらこのバルブがコントローラーの目標値どおりに動いていないようです。

e0087256_0185946.jpg

ソレノイドはコイル部とスプールバルブとリターンスプリング、キャップ、キャップの固定クリップに分解できます。
キャップはネジが切ってあり、締めこむことでリターンスプリングのイニシャルを変えることができます。
キャップの固定クリップとの接触部に回したような跡があるので、製作時に応答速度を調整して管理しているかもしれません。

リニアソレノイドはディーラーからもらった資料によるとライン圧制御ソレノイド、シフト油圧制御ソレノイド
ロックアップ制御ソレノイドと3つありますが、どのシフトのときにどのように動作するかまでは正確には書いていません。
試しに緩めてみると油圧立ち上がりが遅くなり、一部のギアでさらにショックが出るようになりました。
逆に締め付けるとまた変化があるようで、別のギアの変速に問題が出ました。
緩める側は1回転、締める側は最初の位置に戻してから半回転ほどの調整だったのですが、
それでもシフトタイミングに大きな変化がありました。

ソレノイドの応答速度の狂いですが原因は色々とあり、リターンスプリングの反力の変化、
ソレノイドコイルの劣化や温度での抵抗変化、マグネットの磁力低下、バルブ内のコンタミによる動作抵抗の増大や
そもそも分配先の油路の漏れによる伝達スピードの変化なども考えると、一旦分解してしまったこのATでは
どこがおかしいのか全くわからなくなっています。
リニアソレノイドの制御には変速完了までの時間などを監視して油圧学習制御などを織り込んでいると思われますが、
それの補正幅も大きく超えてしまっているようです。

エラー原因も特定できず、そもそもの応答スピードの規定値や測定方法は単なる一個人がアイシンから
教えてもらうこともできないと思われるのでリビルドATに載せかえることにします。
[PR]

# by g2jing37 | 2011-09-27 00:47 | ボルボV70XC | Comments(0)
2011年 09月 23日
ボルボ V70XC エンジンの修理
e0087256_0373249.jpg

ミッションは組みあがったのですが、エンジンの数箇所からオイル漏れを起こしているのでそっちも直します。

e0087256_0403080.jpg

オイル漏れの箇所は多岐に渡り
・クランクフロントシール
・クランクリアシール
・ヘッドカバー
・カムシャフトフロントシール(IN、EXH両方)
・カムシャフトリアシール(EXH)

シャフト部はほとんど全滅のようです。

e0087256_0445723.jpg

まずクランクフロントシールから交換します。
クランクプーリーの裏側なのでナットを緩めプーリーを取ります。
プーリーは圧入気味に入っているのでギアプーラーで引き抜きました。
タイミングベルトも外さないといけないのでマーキングしてあります。
クランクシャフトとプーリーは相対角度が間違わないようにスプラインの1山が無くなっていて
間違った角度では取り付けられないようになっています。

e0087256_050697.jpg

カムプーリーにもマーキングをしておきます。

e0087256_0522786.jpg

タイミングベルトを外したついでにウォーターポンプも交換します。
しかしタイベルでウォーターポンプを回すのはメンテナンス性が悪すぎです。

e0087256_0593220.jpg

次はヘッドカバーとカムシャフト周りを修理します。
このエンジンはヘッドカバーとカムホルダーが一体になっています。

e0087256_142931.jpg

左がEXH、右がINのカムプーリーです。
EXH側は可変タイミングプーリーが付いています、このプーリーはシャフトと外してしまうと
非常に面倒な取り付けをしなくてはいけなくなるので外さないで作業しました。
ちなみに取り付け方は、中にねじりばねが入っているので指定の回転をさせてカムシャフトの
どこかの角度にあわせるとかそんなようなものでした。
今のVVTプーリーはもっと簡単に組みつけられるようになっています。

e0087256_1115510.jpg

幸い カム山<シール内径 になっているのでプーリーの逆側からシールを取り付けれるようになっています。

e0087256_1151761.jpg

エンジン側の合わせ面、油路に汚れが溜まっています。
プラグホールのOリングも痩せきって千切れていました、ちなみにこのエンジンは
写真右の5気筒目のホールにエンジンオイルが溜まっていました。
改めて見ると1~5気筒の順に熱的に厳しいのかエンジンオイルの付着が多くなっていっています。
冷却水は1気筒目から流れていくのと放熱性、エンジンルーム中央の熱状況からこうなるのだろうか。

e0087256_124494.jpg

クリーナーとオイルストーンで汚れと液体ガスケットを取り除きます。

e0087256_1271762.jpg

ヘッドカバーに液体ガスケットを塗ります、ここもデフと同じ嫌気性ガスケットです。
このガスケットはだんだんと拡散していってしまうのでやめてほしいなあ。
マニュアルにはローラーで塗れと書いてありましたが無いので地道に塗りました。
嫌気性なのでヘッドと挟まれないと固まらないので油路に入っても流れていってしまいます。

e0087256_134335.jpg

ヘッドカバーを合わせる前にEXHのカムシールをセットしておきます。

e0087256_1372848.jpg

ヘッドカバーを取り付け残りのカムシールを取り付けます。

e0087256_1391256.jpg

最後にクランクリアシールを交換します。

e0087256_141235.jpg

取り外したシール、径が大きいです。リップの部分が硬くなっていました。
[PR]

# by g2jing37 | 2011-09-23 01:47 | ボルボV70XC | Comments(2)
2011年 09月 23日
ボルボ V70XC ハーネスの補修-4
続、ハーネスの修理です。
イグニッションコイルのコネクタハウジングの部品は単品で出るので発注しました。

e0087256_23405165.jpg

これがハウジング。

e0087256_23421011.jpg

0.5sq電線用防水ゴム

e0087256_23435984.jpg

2.0sq??電線と端子と防水ゴムはASSYされたものが来てしまいました。
ばら買いできないんだったか??

e0087256_23474616.jpg

ハウジングのメス端子

e0087256_2350505.jpg

ジョイント端子

e0087256_23533152.jpg

ジョイント端子0.5sq用

e0087256_2355526.jpg

グランド回路のメガネ端子
これらを使ってコイル付近の枝線を作り直します。

回路の長さを出したら端子をハウジングに組みつけていきます。

e0087256_06375.jpg

電線に防水ゴムを通して端子を圧着します。

e0087256_09797.jpg

手がしめでは圧着が安定しないので半田をつけます。

e0087256_0113667.jpg

防水ゴムを端子後のバレルではさみます。

e0087256_0134658.jpg

ハウジングに端子を入れます。

e0087256_016517.jpg

エンジンハーネス側は電線が劣化していないところから継ぎ足して修理します。
ジョイントさせるので被覆をむいておきます。

e0087256_0183317.jpg

ジョイント端子で電線をかしめ、半田付けします。
よくホームセンターで売っているジョイントカプラーはお勧めできません。
導通が安定しないし、振動や熱ですぐに外れます、そもそも防水すらないですし。
半田のみもNGです、電線に引っ張られて数年もせずに割れます。

e0087256_0252781.jpg

電線の被覆内に浸水しないようブチルゴムでジョイント部を覆います。
仕上げにビニールテープで巻いて1回路終了です。

e0087256_02849.jpg

他の回路も同じように作業していきます。
どれがどの回路かわからなくならないように1つづつ進めていきます。

e0087256_0303651.jpg

全回路をつないだらテープで束ね、エンジンにあわせて外装を巻きます。
[PR]

# by g2jing37 | 2011-09-23 00:34 | ボルボV70XC | Comments(0)
2011年 05月 12日
ボルボ V70XC ATの修理-5
e0087256_1162863.jpg

アルミのケース側にできたクラッチプレートの打痕です、プレートからのトルクで溝ができています。
ここもリューターで凹凸を無くしました。

e0087256_1221384.jpg

ケース中央のボスにも打痕がありますが、ここは押し付けられた痕程度のものなので、
ならさずにプレート側の角を面取りして組み付けます。

e0087256_12557.jpg

ケースに取り付くプレートですが、ピストンに押されるとトルクを受ける動作になるので、板金の角は
ピストン側に来ていたほうがボスを傷つけないと思われるのですが、ここのプレートはピストンの逆側
プレートが移動していく方向になってしまっています。
角がアルミのケースを掘ってしまうので、ヤスリでプレートのボス接触部を面取りしました。
写真ではわかりにくいですが、手前側の角を削ってあります。
少しはボスの寿命が延ばせるかもしれません。

次は組み立てたギアASSYをケースに組みつけていきます。

e0087256_0551511.jpg

フロント側のアイドラーギア以外何も付いていないケースです。

e0087256_0591210.jpg

まずセカンダリーギアASSYをケースに入れておきます。

e0087256_132817.jpg

次にパーキングロックの部品を組み付けます。

e0087256_181060.jpg

ローラーベアリングとバッフルプレートを組み付けます。

e0087256_112144.jpg

パーキングロックを組み付けたところです、シフトワイヤーをPレンジのところに動かすと
ギア上のロックが下がって軸が回転しないようになります。

e0087256_1361594.jpg

次にケース左側から入るギアを組み付けます。
この後は油路にOリングを付けてケース左を付けます。
[PR]

# by g2jing37 | 2011-05-12 01:39 | ボルボV70XC | Comments(0)
2011年 05月 06日
ボルボ V70XC ATの修理-4
今度はクラッチと遊星ギアASSYを組み立てていきます。

e0087256_222518.jpg

オイルポンプ裏のクラッチASSYです、外した順ときっちり逆に組み立てます。
クラッチプレートやリターンスプリングには組み付ける面の表裏もあるので、外したときに
わからなくならないようにすることが大事です。

e0087256_2255559.jpg

プレートのフェーシングに剥がれができています、あまり気持ちが良いものではないのですが
このプレートのみで剥がれも全体の1割ほどなので組みつけてしまいます。
そもそもプレート単体で部品は出てきませんし、フェーシングを張ってくれるクラッチ屋も知らないので諦めるとします。

e0087256_2304331.jpg

次にインプットシャフトが付いているギアASSYを組み立てます。

e0087256_232012.jpg

組み立て中に外側ボスのプレート接触面がささくれていることに気づきました。
写真は解像度が良くないのでわかりにくいのですが、ボス表面がプレートに削られています。
クラッチはつながる際に回転軸方向にスライドしつつボスを円周方向に押すという動作を取ります。
要はボスの壁面をマイナスドライバーで写真の上下方向にグリグリ傷つけるようなことを
変速する毎に受けているわけです。

ここのささくれは特にひどく、プレートが軸方向に動くのを止めてしまうような形状になっていました。
これが変速ショックの原因だろうか、これではクラッチをつなげたくてもプレートが傷に引っかかり
規定のタイミングでつなぐことができていないのではないだろうか。

e0087256_2412615.jpg

あまり良い方法ではありませんがこのまま使うわけにも行かないので、リューターで傷をならします。

e0087256_2433488.jpg

完全に凹凸は消えませんが、引っかからないようにバリを取りました。
ここのボスは板金を絞り加工して製作している物で、歯車を作る際に使う炭素鋼より硬さが低めです。
炭素鋼で作られた他のボスはクラッチプレートの跡が付くぐらいの傷で済んでいるのですが、
ここのボスはえぐられていました。
別の場所でケース側にボス構造が作ってあるところがあるのですが、そこもプレートのあたり面が
ひどく削れていて、変速に難を来たしそうな様子でした。
アルミや板金の表面硬さではクラッチプレートの加重に耐えられないようです、ボスの素材はSxxCとかの
炭素鋼を使わないと20万kmは厳しいのではないでしょうか。

ちなみにKTMの525EXCのクラッチボスはアルミの筐体ですが、プレートの接触する箇所は
鉄でできた円筒状の別パーツでできていました、この構造ならプレートは硬い鉄で受け止めるので
ボスは傷つかず、いつまでもスムーズなクラッチ操作を維持できます、しかも別部品なので傷がついたら
交換することもできます、非常に良く考えられています。

e0087256_35566.jpg

組み立てた部品達です、ちなみにアルミのボスは写真左下のケースにクラッチが入っている箇所です。
ここも傷がひどいのでならして組みなおす予定です。
[PR]

# by g2jing37 | 2011-05-06 03:08 | ボルボV70XC | Comments(0)