2008年 07月 30日
LC4 メンテナンス フロントブレーキキャリパー清掃
フロントブレーキキャリパーは他の部品を外す必要が無いので簡単です。

e0087256_041172.jpg

キャリパーサポートの2本のボルトを取り、キャリパーを外します。


e0087256_0425817.jpg

キャリパー下にあるブレーキパッドピンの2本のクリップを引き抜きピンを外します。


e0087256_044275.jpg

スライドピン方向に引っ張り、サポートとキャリパーを分解します。
サポートのほうにはスピードメーター用のセンサーがついています。
このセンサーはブレーキディスクについているマグネットを検知して周速度を出してスピードに換算しています。
クリーナーで汚れを取り、ピンとキャリパー側のピンが入る穴にグリスを塗ります。


e0087256_0482781.jpg

こちらもクリーナーで汚れを落とします。
ピストン側面の汚れを落とすとブレーキのタッチがしっかりしたものに戻ります。
こちらもピンとピン穴にグリスを塗ります。


e0087256_051119.jpg

キャリパーとサポートを合体させ、パッドを取り付けます。
パッド押さえ用のプレートも忘れずに取り付けます。
対のパッドを入れたらピンを通し、クリップをピンに刺します。


e0087256_0531312.jpg

キャリパーを取り付ける際にブレーキパッドの間を広げておくとすんなり入ります。


e0087256_056199.jpg

ボルトにロックタイトを付けて固定します。
ブレーキのボルトは緩んではいけないものなので必ずロック剤を付けましょう。


e0087256_0573882.jpg

最後に必ずブレーキパッドをディスクまで出し、ブレーキが利くことを確認します。
[PR]

# by g2jing37 | 2008-07-30 01:10 | KTM メンテナンス | Comments(0)
2008年 07月 29日
LC4 メンテナンス スイングアームグリスアップ
スイングアームのベアリングはシール付きのニードルローラーですが、屋外保存や
ダート走行で水や汚れが入り、だんだんと劣化していきます。
リンクのスプリング下の支持部は意外と油切れを起こしやすいので
時おりチェックするといい状態を維持できます。


e0087256_230625.jpg

スイングアームを外すにはリアホイールとブレーキキャリパーをまず先に外します。
次にスイングアームについているチェーンカバーとガードを外します。


e0087256_2561596.jpg

次にリアサス下のボルトとリンク部真ん中のナットを緩めておきます。


e0087256_2303331.jpg

次に車体左のスイングアーム固定ナットを緩めます。
反対側はボルトが回らないようになっているので回すのはこちらのみでOKです。


e0087256_2305968.jpg

ナットを取ったらボルトを引き抜きますが、硬くはまっているのでエクステンションなど
をあてがってハンマーで叩いて抜きます。


e0087256_2311464.jpg

ボルトが抜けたら先に緩めていたリアサス、リンク部のボルトナットを取り、スイングアームを
後ろに引き抜いて取ります。


e0087256_2312418.jpg

スイングアームについている部品を全て外します。


e0087256_2324113.jpg

リンクの可動部は両端のシール受け部と中心のベアリング受けの3部品にばらせます。
指を中心に入れてシール受け部を引くとポンと受け部が取れます。
ベアリングはリンクの方についていますので中にクリーナーを入れて古いグリスを洗い流します。


e0087256_2334579.jpg

汚れを取ったらベアリングにグリスをつけ受け部を組付けます。


e0087256_234726.jpg

リアサス受け部はゴムブッシュになっているのでニップルからグリスを注入します。
ここの部分の潤滑は意外と切れやすく、林道の水溜りや雨の中を走ったりすると
すぐグリスが切れることがあります。
リンク部の一番下にあり、スプラッシュなどがかかりやすいところにあるからかもしれません。
この部分は車載状態でも注脂できるのでマメにチェックすることをお勧めします。


e0087256_236186.jpg

スイングアームの受け部もシール受けとベアリング受けの3部品にばらせます。
シール受けの内側に薄いスペーサーが入っているので無くさないように気をつけます。
ここのベアリングはレースが無いタイプなのでグリスを洗い流すと小さいローラーが出てきます。


e0087256_2364371.jpg

洗う場合はトレーを用意してローラーが汚れたり無くなったりしないようにしましょう。


e0087256_245260.jpg

とはいえ数もあり、小さいものなので大体何個か無くします。
この部分をメンテする場合は必ず予備のベアリングを用意してからにした方が良いです。


e0087256_2374665.jpg

組付ける場合はスイングアーム側のベアリング受け部に少しグリスを盛っておき、
ローラーをグリスに押し付け組んでいきます。


e0087256_2384695.jpg

ローラーが組めたら受け部を組付けます。
無くしてしまってローラーの数が減ったりするとアームの回転中心がずれるので予備を用意して
数が足らなくならないように作業することをお勧めします。


e0087256_240727.jpg

次に車体側のリンク受け部をグリスアップします。
ここの軸受け部を外すには先に右側のチェーンガードを外します。


e0087256_2413459.jpg

受け部のナットを外しますが、シャフトは両端のナットを外し、右側に抜かないといけないので
右側のネジの先が2面幅8mmの6角になっています。
メガネレンチなどでナットを2つとも外します。


e0087256_2435676.jpg

右側のフレームにシャフト抜き用の穴が開いているのでそこからシャフトを抜きます。


e0087256_247461.jpg

シャフトを抜いたら車体側のベアリングを洗います。
このあたりの汚れはチェーンオイルやスプラッシュした泥など根性の入ったものばかりです。(’A`)


e0087256_2475449.jpg

ここのベアリングはレースで固定されているのでばらけません。
内側からグリスを塗っておきましょう。


e0087256_2492099.jpg

走行距離が42000kmを超えてますがマメに洗っているのでまだ使えます。


e0087256_2502344.jpg

シャフトをきれいにしたらチェーンガードを付け、スイングアームをつける前にリンク部を組みます。
リンクの取り付けボルトにグリスを薄く塗っておくと錆を防ぎ、外す時も楽になります。


e0087256_2524577.jpg

その後にスイングアームを後ろから入れます。
ブレーキホースはスイングアームの上に来るので写真のように組みます。
先にスイングアーム側のチェーンガードを付け忘れないように気をつけます。


<<写真追加予定>>
スイングアーム取り付けボルトにグリスを塗って車体右側から入れます。
硬くてなかなか入っていかないのでスイングアームの軸を合わせたらハンマーなどで叩いて入れます。

チェーンカバーとガードを取り付け終了です。
[PR]

# by g2jing37 | 2008-07-29 18:01 | KTM メンテナンス | Comments(0)
2008年 07月 29日
LC4 メンテナンス リアブレーキキャリパー清掃
キャリパーの清掃をするとブレーキのタッチもよくなります。
LC4系のリアブレーキはほとんどが方押しキャリパーで、泥などでスライドピンが汚れるので
ダートなどを走ったらチェックしておくといいコンディションを維持できます。

まずキャリパーを外すにはホイールを取る必要があるので、リアホイールシールグリスアップの
ページの手順でホイールを外してください。

e0087256_2201318.jpg

ホイールを外すとスイングアーム内側についているキャリパーサポートが見えます。
サポートを前に押してスイングアームの突起から外します。


e0087256_220318.jpg

サポート&キャリパーを取ったらパッドピンを抜きます。
ピン固定のクリップをペンチで抜き取り、ピンを押して外します。
この部分は注脂しない箇所なので大体ピンは固着してしまっています。


e0087256_2205083.jpg

ピンを抜くとパッドがポロっと取れます。
パッドが取れたらキャリパーサポートとキャリパーをはがします。
スライド方向に引っ張れば難なく外れます。


e0087256_221395.jpg

このように分解できます、金色っぽいピンがスライドピンです。


e0087256_221153.jpg

e0087256_2224197.jpg

サポート側はこんな感じです、クリーナーで汚れを落としピンと手前の穴にもグリスを塗ります。
パッドを支えるプレートが付いているので、これもきれいにして組付けます。


e0087256_2212745.jpg

キャリパー側もきれいにします。
ピストン側面もクリーナーとブラシを使って汚れを取っておくと動きが良くなります。
こちらもピンと手前のゴムブッシュの内側にグリスを塗ります。
グリスはパッドをつけたときにディスクとパッドに付かないように気をつけてください。


<<写真追加予定>>
清掃が終わったらサポートとキャリパーを合体させ、パッドを取り付けます。
パッドはピン穴が開いている逆のふちをサポートのプレートが付いているところまで入れ、
パッドでキャリパーのプレートを押しつつピンを入れて固定します。


<<写真追加予定>>
キャリパー一式が組み終わったらスイングアームに取り付け、ホイールをつけます。
ホイールを組む際にはピストンを押し込んでパッドの隙間を広げておくとディスクが入りやすくなります。


<<写真追加予定>>
最後にブレーキペダルを踏んでパッドをディスクに当てます。
ホイールを回してペダルを踏み、ブレーキが利くことと取り付けにがたなどが無いことを確認して終了です。

ブレーキは重要保安部品なので特に気をつけて作業を行ってください。
[PR]

# by g2jing37 | 2008-07-29 14:03 | KTM メンテナンス | Comments(0)
2008年 07月 29日
LC4 メンテナンス リアホイールシールグリスアップ
オフを走るとすぐ汚れるホイールのシール部のグリスアップ方法を説明します。
ここのシールをきれいにしておくとホイールの回転抵抗が減って取り回しが軽くなります。
バイクを降りて押し引きしてみると結構差があることがわかると思います。
ベアリングに異物が入るのも防げるので定期的にやると部品も長持ちします。


e0087256_215261.jpg

まずホイールを外すのでセンタースタンドを立て、リアアクスルナットを外します。
ナットの2面幅は27mmです、LC4はこのナット1つ外せばリアホイールを取れます。


e0087256_223079.jpg

アクスルシャフトを抜いてホイールが落ちたら少し車体前方向に押します。
チェーンにたわみが出来るので、スプロケットから外しスイングアーム端に引っ掛けておきます。
ブレーキキャリパーがホイール内側に入り込んでいるので真っ直ぐにホイールは抜けません。
キャリパーをよけるように斜めにしてホイールを後ろに抜きます。


e0087256_224295.jpg

ホイールハブの両端にアルミのカラーが挿入されていて、この部品とホイールハブのシールが接触しています。
これの接触部をきれいにします。
軽く圧入されているので裏側から棒を入れてハンマーなどでたたいて押し出します。


e0087256_231673.jpg

取れたカラーがこれです、この部品の真ん中の段がシールとの接触部です
ここの汚れを取り、グリスを塗ります。
カラーはアルミなのでシールに削られだんだん減っていきます、カラーの磨耗がひどくなったらハブのシールと一緒に交換します。
こまめに掃除してましたが大体30000kmぐらいで交換しました。


e0087256_233020.jpg

シール側も掃除します。
パーツクリーナーなどを直にかけてしまうと裏のベアリングにもかかってしまうので、
ウエスにクリーナーを染み込ませて内側の汚れをふき取ります。
汚れを取ったらシールにグリスを塗り、カラーをゴムハンマーなどで打ち込み
ホイールを外したときと逆の順番で取り付けて終了です。
[PR]

# by g2jing37 | 2008-07-29 11:20 | KTM メンテナンス | Comments(0)
2008年 07月 25日
LC4 メンテナンス バルブクリアランス調整
頻度と気になってる人の多いと思われるバルブクリアランスの調整方法です。

e0087256_1753290.jpg

まずシートとタンクを外します。
タンクはSXCの場合タンク後ろのナットとシュラウド左右のボルトを外せばフリーになります。


e0087256_1765670.jpg

タンクの燃料ホースはFCRを積んでいるものは燃料のみです。
負圧キャブ(ミクニ)の場合はコックのところにインテークから負圧ホースが
伸びてきているはずなのでそれも外します。

e0087256_17184692.jpg

タンクマウントとコンデンサ、プラグコードは作業の邪魔になるので外します。


e0087256_17245650.jpg

デコンプレバーをプライヤなどで上げ、ワイヤーのタイコをレバーから外します。
その後ワイヤー端のネジを緩めてワイヤーを外します。


e0087256_17331911.jpg

ヘッドブローバイホースを外します。
邪魔になる場合は画像右下のコネクタを外して配線を裁いておきます。


e0087256_17411097.jpg

ヘッド上の邪魔なものを外したら次はバルブカバーを六角レンチで外します。
大体売っている普通のレンチで問題ないですが、首先の短いレンチだとさらにやりやすいです。
バルブカバーについているシートガスケットは何度かは再利用できると思います。


e0087256_17455029.jpg

次にバルブが押されていない状態にするため、クランク角を上死点にします。
ジェネレーターカバーを外し、クランクシャフトを回せるようにします。
カバーの固定ボルトは長さ違いがあるので元に戻す際に間違わないように気をつけてください。


e0087256_17575719.jpg

レンチでクランクを回し、フライホイールのマークがボルト穴中心の10mmほど前方になるように合わせます。
画像のマークの位置で大体上死点です。


e0087256_1875785.jpg

上死点を出したらアジャスターナットを緩めます。
現状のクリアランスを計りたい場合はナットは緩めずここでシックネスゲージを入れて計ります。
標準クリアランスはIN=0.15mm、EXH=0.15mm です。
前ロッカーアームのナットはカバー合わせ面より奥まっているのでソケットレンチなどで外すとやりやすいです。


e0087256_18182331.jpg

アジャストスクリューとバルブの間(クリアランス測定部)が奥まったところにあるので
シックネスゲージは先から20-30mmほどのところで折ると計りやすくなります。


e0087256_18261531.jpg

アジャストスクリューの上部にはスリットが入っているのでマイナスドライバーのビットなどで回して調整します。
クリアランスの計り方は人によって色々あると思うのですが私はこんなやりかたです。
 1.ビットでスクリューを緩めゲージをバルブとの間に入れる
 2.スクリューを少しづつ締める
 3.ゲージがスクリューとバルブに挟まってスクリューが回せなくなったら止める
   ※ここでスクリューを強く締めるとシックネスゲージがつぶれてゲージが駄目になります
 4.ビットでスクリューの位置を押さえたままゲージを外し、ナットを締める


e0087256_18392895.jpg

ナットはある程度締めるとスクリューと供回りしなくなるので、仕上げにソケットなどでナットをしっかり締めます。


e0087256_18442949.jpg

特に前方のナットはデコンプカムがあったりカバー取り付け面より奥まった位置にあるので工具隙が少ないです。
オフセットしたメガネレンチなどがあるとやりやすいと思います。
ナットを締めた後、もう一度シックネスゲージを入れてクリアランスが取れていれば、取り外した逆の順番で部品をつけて終了です。
[PR]

# by g2jing37 | 2008-07-25 19:08 | KTM メンテナンス | Comments(0)
2008年 07月 24日
2008年式のEXC530
SXCを買って早5年近くになったので次期マシンを検討しているのですが、
新EXCのエンジンは相当進化があったようですね。
某サイトからパーツリストを落としてきて眺めていたんですが、ヘッド周りの変更がすごくいい。

e0087256_0501628.jpg

ヘッドカバーでカムベアリングを保持する機構をやめ、ヘッドは単体で全パーツを保持できるように変更した模様。
単体のパーツで保持を完結すると寸法公差の幅も抑えられ、余計なパーツを外さなくても部品を外せるので実に良いと思います。
さらにベアリング上方まで一体のキャストにしたことでオイルラインをカムホルダー上まで引き上げ、
オイルジェットをカム上方から放射できるようにしているようです。
いままでカムチェーンでのオイルを誘導した潤滑と比べて油膜の保持能力が上がっていると思われます。

さらにロッカーアームの変更でロッカーローラーをボルト?で簡単に交換できることや、
シムを採用したことでロッカーアームのバルブ押下部の磨耗をシム側で受けることができるなど
耐久性と整備性が大幅にアップしていると予想できます。

大分耐久性に余裕ができたようなので次マシンはEXC530かなーと思ったりしてです。

減速比はEXC525参考だとスプロケの変更で前15、後42にするとほぼSXCと同等になるっぽいです。(6速あるけど)
トルクカーブが重なるようであればそのセッティングでいけそうだなあ。

4000rpm時の後輪タイヤ140/80-18の速度(km/h)
EXC525(530参考値)
1:32.79647657
2:43.67825682
3:54.04725476
4:67.39495735
5:83.11156796
6:98.61253499

SXC625
1:32.24707583
2:50.38605599
3:69.10087678
4:84.86072587
5:98.53273171
[PR]

# by g2jing37 | 2008-07-24 00:56 | Comments(0)
2006年 07月 26日
スコットオイラー
チェーンにオイルを自動で給油するツール
スコットオイラーをつけました、だいぶ前からですが。
取り付け場所はこんなところです、バックボーンチューブのタンク下部分。
e0087256_23554618.jpg


動作に負圧が必要なのでインテークの区間からホースを取ります。
負圧といっても3ccぐらいの空気が行ったり来たりするのみらしいのでセッティングには影響ないそうです。
取る部分はここ。
e0087256_23351614.jpg


画像中央の黒いホースが真鍮のニップルに刺さってる回路が負圧です。
もとは袋ナットでめくら栓がしてあったのですがそれを外してニップルを付けます。
ニップルやらステーやタイラップ、チューブはキットに余計なくらい入っているので
どうにかすればどんなところにでも付くでしょう。

640ADVの方はここからは負圧キャブのダイヤフラム行きの回路が出ているので
三叉の継手をかましてあげれば負圧がとれます、三叉継手もキットに入ってたりします。
さすがUK製、DIY当たり前といった内容です、庭先で車作るきみらはおかしいよ。おれもしたいけど。

オイルの出るノズルはスプロケットに取り付けます。
スプロケに乗ったオイルは遠心力でチェーンに届くといった仕組みです。
車、バイクをいじる時は改造してあることを悟られないような自然な佇まいにするという
無駄なこだわりがあるのでドライブ側に給油チューブを付けます。
e0087256_23482054.jpg


画像上からひょろっと来ている黒いのが給油チューブです。
悟られまいと思ったんですが結構ばれてます。

チューブも目立たないように透明の太チューブではなく黒細チューブです。
カバー側から裏のスプロケにチューブを突っ込んでいます。

こんな感じで配置するとオイルラインも短く単純になります。
チューブの曲げが複雑だったりオイルが上から下にきれいに降りるラインじゃないと
給油量がばらつくそうですが、この配置だとなかなかいいんじゃないでしょうか。
と自分なりに思ってたりします。
e0087256_002028.jpg


取り付け後に乗った感じですが、もう手放せません。
一番いいと思ったところは、チェーンのフリクションがいつも一定で軽いというところです。
チェーンメンテのストレスもなくなって心理的にも楽になれますよw
[PR]

# by g2jing37 | 2006-07-26 00:20 | Comments(1)