2010年 01月 28日
LC4 メンテナンス ウォーターポンプシャフトシール交換
LC4の定番トラブルのウォーターポンプシールです。
e0087256_22361528.jpg

単体で見ると心臓っぽい形です、まずは4本のボルトを外しインペラを見れる状態にします。

e0087256_22413830.jpg

インペラです、水は中央から吸われてインペラの羽でポンプ外壁に押し付けられます。
外壁が出口に向かって広がっているので押しやられて写真左のバルジから出て行きます。
インペラ中央の内六角ボルトを緩めるとシャフトとインペラを分解できます。

エンジン側にシャフト固定とベアリング固定のサークリップが2つ付いているので外し、エンジン側から押してシャフトを抜きます。
シャフトはベアリング内側にきつめの公差で入っているので、ハンマーなどで軽く叩いて抜くと楽です。

シャフトが抜けたらインペラ側から押してシールとベアリング2つを抜きます。
ベアリングは圧入されているのでソケットなどをあてがってハンマーで叩いて抜きます。
→シール・ベアリング・ベアリング
押す方向からは上の順番になっているのでシールは潰れてしまいます、交換部品は必須です。

e0087256_2314960.jpg

ポンプの構成部品を並べるとこのような状態です。
シールがベアリングとポンプケースに挟まれてしまう組み立て順になってしまっています。
組立ての精度によってはシールが潰れて組み込まれてしまう気がします。

組立ては分解と逆の順番になります。(部品を買っていないので写真が取れていません)
[PR]

by g2jing37 | 2010-01-28 23:20 | KTM メンテナンス


<< SXCを売ります-1      LC4 メンテナンス シリンダ... >>